グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




佐藤 敏子


Toshiko Sato

職位 講師
学位 学士
担当講義 臨床栄養学、臨床栄養学実習
専門分野 栄養学


研究実績

研究課題 糖尿病腎症患者に対し随時尿による食塩及びたんぱく質摂取状況の評価と栄養指導の効果
主な研究業績 高血圧患者における積極的な減塩指導に対する血圧への効果(共同)

所属学会

日本病態栄養学会、日本糖尿病学会、日本肥満治療学会、日本静脈経腸栄養学会、日本外科代謝栄養学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
医療の現場では、入院後に医師・看護師・管理栄養士で栄養管理について計画し、個々に栄養評価を行い、栄養プランを設定、治療目的に向かって多職種連携で支援を行います。臨床栄養学ではそのスキルを磨きますが、学ぶことも多数あり、難しいと感じるかもしれません。私は、30年以上の医療の経験をもとに、学生の皆さんを応援していきます。1つ1つ丁寧に取り組んでいきましょう。
本学を志す学生に
管理栄養士の仕事の領域は、医療施設。老人福祉施設。介護保険施設、児童福祉施設、学校、研究機関ほか、様々です。基本的には栄養状態の管理を行い、皆様の健康を食と栄養の専門職としてサポートしていく仕事です。経験豊かな先生方、優しい先輩達が、皆さんを待っています。