グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




髙橋 朝歌


Asaka Takahashi

職位 講師
学位 博士(農学)
担当講義 管理栄養士のための化学(基礎)
管理栄養士のための化学 ほか
専門分野 食品化学

インタビュー動画


研究実績

研究課題 野菜の塩蔵ストレス下におけるグルコシノレートの動態解析と生理機能に関する研究
主な研究業績 1. A Takahashi et al.: Generation of the antioxidant yellow pigment derived from 4-methylthio-3-butenyl isothiocyanate in salted radish roots (Takuan-zuke), Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 79(9), pp.1512-1517(2015).
2. 加藤ほか:タクアン漬け製造時におけるγ—アミノ酪酸とグルタミン酸脱炭酸酵素活性の解析,日本食品科学工学会誌,62(10), pp492-500(2015).
3. K Kumakura et al.: Nutritional content and health benefits of sun-dried and salt-aged radish (takuan-zuke), Food Chemisty, 231, pp 33-41(2017).
4. K Kumakura et al.: The salted radish takuan-zuke shows antihypertension effects in spontaneously hypertensive rats, Food & Function, 8(10), pp3491-3500(2017).
5. T Kobayashi et al.: Determination of 2-thioxo-3-pyrrolidinecarbaldehyde in Takuan-zuke by high-performance liquid chromatography with fluorescence detection after pre-column derivatization using 4-(N,N-dimethylaminosulfonyl)-7-hydrazino-2,1,3-benzoxadiazole, Separations, 4(4)(2017).

所属学会

日本農芸化学会,日本食品工学会,日本食生活学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
大学の4年間は長いようであっという間です。大学生として勉学に励むことはもちろんですが,これからの自分のことをじっくりと考え,仲間と遊び,おいしいものを食べ,外へ出てたくさんの人と関わってください。すべての経験が皆さんの力になっていくと思います。
本学を志す学生に
大学での学びは,もっと広く,深くなっていきます。いま高校で学んでいることすべてが,これからの学びの基礎となります。基礎をしっかりと固めておきましょう。