グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



管理栄養学部


取得可能な資格


管理栄養士国家試験受験資格

管理栄養士は厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。
食や栄養の専門的な知識をもって、傷病者、高齢者、健常者など、一人ひとりの体質や健康状態に応じた栄養指導を行います。また、特定多数人に対して継続的に食事を提供する施設においては、給食管理及びこれらの施設に対する栄養管理上必要な指導等を行います。


栄養士(卒業と同時に資格取得可能)

都道府県知事の免許を受けた資格です。主に健康な方を対象にして栄養指導や給食の運営を行います。


栄養教諭一種免許(選択者のみ)

小学校、中学校で誰もが楽しくおいしく食べてきた学校給食。栄養バランスの取れた給食の献立を考えて安全に提供するのが栄養教諭の仕事の一つです。加えて、肥満、偏食、食物アレルギーなどの児童生徒に対する個別指導ならびに学級活動や教科、学校行事における集団的な食に関する指導を職務とし、校内や家庭・地域と連携して食育推進のリーダーシップをとります。
栄養教諭は、教育公務員として「未来ある世代を育てる」やりがいのある職種です。



食品衛生管理者(任用資格 ※)

食品の製造および加工を行う企業、すなわち全粉乳、加糖粉乳、調製粉乳、食肉製品、魚肉ハム・ソーセージ、放射線照射食品、食用油脂、マーガリン、ショートニング、添加物の製造・加工を行う11業種には国家資格である食品衛生管理者を配置することが義務付けられています。
食品事業者にHACCPが導入されたことにより、食品企業に必要な専門職です。
「食の安全」に興味のある方にはお勧めできる資格です。


※任用資格とは?
 特定の資格を取得すれば職業・職位として公称できるというものではなく、資格を取得後、職務に任用・任命されて初めて効力を発揮する資格のこと。

食品衛生監視者(任用資格 ※)

日本は食品の輸入大国です。輸入食品の安全確保は、国民にとって大きな関心事項であり、非常に重要なものです。食品衛生監視員は、検疫所あるいは保健所等に所属し、輸入食品及び国内に流通している食品および飲食店等の監視・指導を行います。
食のスペシャリストとして働きたいと思う方はチャレンジしてみてください。


※任用資格とは?
 特定の資格を取得すれば職業・職位として公称できるというものではなく、資格を取得後、職務に任用・任命されて初めて効力を発揮する資格のこと。