グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




柿沼 直美


Naomi Kakinuma

職位 准教授
学位 修士(看護学)
担当講義 在宅看護論Ⅰ.Ⅱ
総合看護
ヒューマンケア総合演習
生活支援演習
終末期看護(在宅)
在宅看護論実習
統合実習(在宅看護論)
専門分野 在宅看護論


研究実績

研究課題 在宅看護 訪問看護 
主な研究業績 ・訪問看護ステーションにおける安定的な経営管理のための自己評価尺度の開発
・在宅看護論実習における学生の実習前後の在宅看護に関するイメージの変化

所属学会

日本看護科学学会 日本看護研究学会 日本在宅ケア学会 日本在宅看護学会日本公衆衛生学会 日本食看護学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
在宅看護は、自分たちの生活の中で最も身近な看護の分野です。また、在宅療養者の望みをどうしたら叶えられるかを本人・家族とともに考えていく創造的な看護であり、看護の可能性を発揮できる分野だと思います。
本学を志す学生に
看護の魅力は、対象者に寄り添いその人らしい生活をサポートすることだと思います。そのためには、たくさんの基礎知識が必要であり、学ぶことがたくさんありますが、未来の自分のために一緒にがんばりましょう。