グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ヒューマンケア学部

ホーム > ヒューマンケア学部 > 【深谷キャンパス】保健師課程

【深谷キャンパス】保健師課程


保健師課程は、看護師国家試験受験資格に加え、
「保健師」国家試験受験資格を取得するためのコースです。







保健師の働く場と仕事


保健師の働く場は、行政機関(公務員として保健行政に従事)、事業所・企業(産業保健スタッ フとして従事)、学校(養護教諭として従事)などです。行政機関などでは、住民への健康づくりサービスだけでなく、新型コロナ等の感染症対策、児童虐待や子育て支援等に取り組んでいます。


保健師課程の学び

地域の健康と看護 個人、家族、集団、組織の生活支援を基軸とし、地域を基盤とした個人の健康問題に対する国及び地方の施策を始めとする社会的アプローチ、地域の支援能力、調整能力、組織化能力、施策化能力、健康危機管理能力について学びます。
公衆衛生看護活動論 地域における個人、家族、集団、組織の健康ニーズを見出し、ニーズに応じた公衆衛生看護活動の実際について学ぶ。人々のライフサイクル、感染症や難病等の健康課題ごとのヘルスニーズを把握し、法律や制度に基づき、主として行政サービスとして展開される活動の実際を学びます。
公衆衛生看護活動展開論Ⅰ 保健師の支援の対象は、コミュニティーのすべての人々であり、その活動は行政区や企業・事業所、学校といった様々な場で行われます。そして、コミュニティーの人々が主体的な健康生活を送ることができるための活動を行うところに特徴があり、そのための支援方法があります。本授業では、その支援方法のうち保健師活動の中心となる保健指導、家庭訪問、健康相談、健康教育、健康診査の技術と支援の実際について学びます。
公衆衛生看護活動展開論Ⅱ 地域保健活動におけるグループ支援と地区組織化活動支援、地域ケアシステムづくりについて理解し、公衆衛生看護活動の展開事例を通して具体的に学びます。
公衆衛生看護活動における地域診断の目的を理解し、地域診断に用いる理論を学びます。
地域診断過程としての情報収集とアセスメント、分析、診断、目標、計画立案、実施、評価の過程を学びます。
公衆衛生看護学演習Ⅰ 保健指導や健康教育に関する理論や進め方を理解した上で、対象をアセスメントし、対象に適した方法を考え、個人や家族への保健指導、集団や組織への健康教育を、企画・実施・評価します。その際に看護技術の提供、セルフケアへの支援、他職種との関係形成及び連携等、情報を活用し、対象の生活スタイルに合った方法で展開できる支援の基礎を学びます。
公衆衛生看護学演習Ⅱ 既存の統計資料や社会資源、関係機関等の情報を収集、分析を行い、地域の特性・地域集団の特徴を理解する。住民に顕在・潜在している健康課題及び改善策、必要な保健事業を導き出します。また、発表を通じて他者の良い所を学び合い、プレゼンテーションの方法についても学びます。
学校保健活動論 学校を活動の場とした健康の保持、増進、予防接種、身体発達、成長の管理観察などの医学的アプローチ、学校における保健教育や病児の治療と学習の問題などの社会的なアプローチ、今日の子どもの問題を考えていくための基礎として保健室の実情や家族関係、最新の報告から見た心理的なアプローチなどを題材に学校保健の活動の実際を学びます。
疫学 疫学とは、健康関連の出来事の頻度と分布及びそれらに影響を与える要因を明らかにして、健康関連の諸問題に対する有効な対策樹立に役立てるための科学です。1年次に公衆衛生学で学んだ知識を基に、疫学の理論についてさらに発展的に学びます。
保健統計 保健統計と疫学についての知識をさらに深めるとともに、公衆衛生活動を行うのに必要な具体的な疾病の疫学を学んでいきます。1年次に学んだ人口統計についての知識をさらに深め、主要な疾患の疫学、保健行動の現状と健康増進対策について学びます。
保健医療福祉行政論 人々の生活や健康を支える保健医療福祉行政のしくみや制度とその内容について学んでいきます。また、そうしたしくみや制度がどのように構築されてきたのか、保健医療福祉行政の変遷についても概観し、その一端を担ってきた保健師の役割について理解していきます。これを基盤として、具体的な事例等を用いた政策形成過程を理解し、行政計画の策定から評価までの考え方、行政における保健師の機能と役割について学びます。
実習について
保健所・市町村保健センター、学校、産業等の多様な場における対象の理解、及び保健活動(継続した訪問指導を含む個人・家族・集団・組織の生活支援、又、対象のアセスメントや支援活動の計画実施評価等)の展開の実際、関連する法律や制度の理解や行政政策と保健師活動の関係や健康危機管理等の公衆衛生看護管理について実習を通して学び自ら実践できる能力を養います。
公衆衛生看護学実習 <学校保健実習>
深谷市内の小学校において、健康な児の発育発達を理解し、学校における養護教諭の活動や学校保健活動を理解します。

<保健所・市町村保健センター実習>
埼玉県内の保健所において、公衆衛生機関としての広域的活動や専門的保健活動における保健師の役割について講義や実際の支援を体験し理解します。
市町村保健センターにおいて、既存の資料等から地域の健康課題を把握し、地域住民の生活状況について理解を深めます。また、保健事業の一連の過程や地区組織活動の支援、住民との関わり等から保健師の役割を理解します。

<産業保健実習>
埼玉県内の事業所等において、人々の働く場の理解と事業所の安全衛生活動、産業看護職の役割について理解します。また、事業所において健康教育を実施します。


保健師課程の選抜方法

選抜試験は2年次後期の予定です。
選抜試験
(2020年度)
1)筆記試験
2)面接試験
選抜学生数 25名
履修にかかる費用 追加の授業料はありません。
※別途、教科書・教材・国家試験対策・実習交通費等で費用が発生します。


資格

保健師国家試験受験資格 保健師の働く場は、行政機関(公務員として保健行政に従事)、事業所・企業(産業保健スタッ フとして従事)、学校(養護教諭として従事)などです。行政機関などでは、住民への健康づくりサービスだけでなく、新型コロナ等の感染症対策、児童虐待や子育て支援等に取り組んでいます。
養護教諭二種免許
(保健師資格取得後申請)
養護教諭はいわゆる「保健室の先生」です。児童・生徒の健康を守り、学校におけるこどもたちの学びと成長を支える教育職です。学校の保健室などに常駐し、学校内における在学生の怪我・疾病等の応急処置、健康診断等を行います。また、深刻化している校内でのいじめや不登校、薬物乱用、性に関する問題などに対処することもある大変やりがいのある仕事です。
衛生管理者第一種免許
(看護師資格取得後または保健師資格取得後申請)
職場における労働者の健康障害を防止する法律で決められた国家資格です。主な業務は、健康異常者の発見・処置、安全衛生教育、健康診断の企画立案などです。