グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



受験生応援ページ

ホーム > 受験生応援ページ > オープンキャンパス > 【沼津キャンパス】看護学科 > 【沼津キャンパス】看護学科  6月16日(日)オープンキャンパス

【沼津キャンパス】看護学科  6月16日(日)オープンキャンパス


【オープンキャンパスをご予約の皆さまへ】

新型コロナウイルス感染症に罹患されて発症後5日または症状が軽快した後1日以内の方、または同居されるご家族が罹患されて3日以内の方は参加できません。

<ご協力をお願いします>
①受付時に手指の消毒、検温を行っていただきます。
②マスクの着用は個人の判断に委ねます。


お申し込み・当日のプログラム

オープンキャンパス 9:30~12:30

対面型のオープンキャンパスを行います。



【6月16日(日)お申し込み】
>> 6月16日(日)お申し込みはこちらから


【沼津キャンパス看護学科のアクセス情報】
※キャンパス周辺の地図はこちらをご覧ください。
>> オープンキャンパス 東都大学へのアクセス情報はこちらから

当日のプログラム

6月16日(日)のプログラムです!※参加予約受付中です!!


イベント 概要
開会挨拶
大学・学科説明
高校生に向けたメッセージ&沼津ヒューマンケア学部看護学科の魅力を紹介します。
入試概要・国家試験対策・奨学金について どのような入試があるか、看護師・保健師国家試験に向けたサポート、奨学金についてわかりやすく説明します。
学生プレゼンテーション 沼津ヒューマンケア学部・看護学科の在学生が生活の実体験を語ります。
キャンパスツアー 学生スタッフが大学内の施設を紹介します。学生スタッフにわからないことを聞いてみましょう!!
個別相談 教育内容・入試・学費・就職などについて気軽に相談してください!!
模擬講義 テーマ:【尿生成のしくみ】
生体を構成している60兆個もの細胞の中で、外界の空気や水と直接接しているのは皮膚や粘膜の細胞だけで、他の細胞は皮膚や粘膜で外界と遮断され、細胞外液と呼ばれる液体の中で生活している。生体の外の環境を外部環境と呼ぶのに対して、この細胞外液は生体を構成するほとんどの細胞の生活環境となっていることから、内部環境と呼ばれる。生体を構成する細胞が正常に働くためには、内部環境が一定の条件に保たれていなければならない。生体の内部環境が一定に保たれていることをホメオスタシス(恒常性)というが、腎臓は内部環境を直接コントロールできる唯一の器官であり、その活動の結果として作られ排泄されるのが尿である。
模擬演習 【生命(いのち)の始まり、育む生命(いのち)】
~レオポルド触診法・新生児のバイタルサイン測定~
模擬演習 【医療従事者に求められる手洗い】
COVID-19が大流行し、一般市民にもマスクの着用や手洗いなどは重要な感染対策として周知されました。実は、医療従事者にとって、そのような感染対策は、感染が流行する前から当たり前のように行ってきました。数年前ほどの行動制限はないにしても、医療従事者にとって手洗いはとても重要な技術です。正しい手洗いはできているのか、見直してみませんか?

過去のオープンキャンパスの様子

学生スタッフ集合写真

模擬体験(公衆衛生学)

模擬講義(解剖学)

キャンパスツアー