グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



幕張ヒューマンケア学部


河江 敏広


Toshihiro Kawae

職位 講師
学位 博士(保健学)
担当科目 運動解剖学、運動生理学、理学療法評価学Ⅱ、理学療法学演習Ⅰ、臨床見学実習
専門分野 内部障害系理学療法学(代謝系,糖尿病)


研究実績

研究課題 ・糖尿病網膜症患者に対して眼底出血を生じさせない新しい運動指針の確立
・生活様式の違いが運動機能に与える影響について(ハワイ-ロサンゼルス広島スタディー)
主な研究業績 2020年度業績
【原著論文】
1. Changes in motor function and quality of life after surgery in patients with pancreatic cancer. Yuki NAKASHIMA, Toshihiro KAWAE, Daisuke IWAKI, Kenichi Fudeyasu, Hiroaki KIMURA, Kenichirou Uemura, Hitoshi OKAMURA. European Journal of Cancer Care (in press).
2. Reliability of measuring the circumference, surface area, and volume of a body part or an object using a three-dimensional scanner. Toshihiro Kawae, Yuki Nakashima, Daisuke Iwaki, Naoya Goto, Kenichi Fudeyasu, Tomoyasu Ishiguro, Kiyokazu Sekikawa, Yasutaka Umayahara, Hiroaki Kimura. ournal of Allied Health Sciences (in press)
3. Loss of lower extremity muscle strength based on diabetic polyneuropathy in older patients with type 2 diabetes: Multicenter Survey of the Isometric Lower Extremity Strength in Type 2 Diabetes: Phase 2 study. Takuo Nomura, Toshihiro Kawae, Hiroaki Kataoka, Yukio Ikeda. Journal of Diabetes Investigation (in press).
4. Twenty-four-hour ambulatory oximetry monitoring in idiopathic pulmonary fibrosis patient can assist the discharge instruction of activities of daily living: a case report. Kiyokazu sekikawa, Fumiya aizawa, Noriko sekikawa, Mayuko egami, Kanon Abe, Youske matsumura, Yasutaka umayahara, Toshihiro kawae. Journal of physical therapy science (in press).
5. 足浴が成人男性、消化器がん患者の食欲、胃の電気活動に与える影響. 中島 勇樹, 岩城 大介, 河江 敏広, 筆保 健一, 木村 浩彰, 岡村 仁. 日本健康開発雑誌.41. 67-72. 2020.
6. Clinical Significance of Cough Peak Flow and Its Non-Contact Measurement via Cough Sounds: A Narrative Review, Yasutaka Umayahara,Zu Soh,Kiyokazu Sekikawa,Toshihiro Kawae,Akira Otsuka,Toshio Tsuji. Applied Sciences 10(8) https://www.mdpi.com/693300 2020.

【学会発表】
1. 低体重2型糖尿病患者に対する理学療法士および管理栄養士との連携が筋量維持を伴う運動機能向上につながった一症例. 相澤郁也、工藤亜貴子、関浩一、栗林伸一、河江敏広、石黒友康. 日本糖尿病理学療法学会第6回症例報告学術集会 2021年3月14日
2. 2 型糖尿病患者の運動療法における他動式体幹運動機器に関する有効性の検証. 河江敏広, 岩城大介, 筆保健一, 中島勇樹, 石黒友康, 木村浩彰, 米田真康. 第63回日本糖尿病学会年次学術集会 2020年10月5日

【競争的資金】
1. 理学療法士における一次救命処置実践能力向上を目的とした教育プログラムの構築(代表). 日本理学療法士協会 2019年度日本理学療法士協会研究助成.
2. 糖尿病網膜症患者に対して眼底出血を生じさせない新しい運動指針の確立(代表)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究C)

所属学会

日本糖尿病協会 , 日本糖尿病学会 , 日本心臓リハビリテーション学会, 日本リハビリテーション医学会, 日本糖尿病理学療法学会, 日本理学療法士協会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
近年、理学療法士は医学の範疇を超え、一般企業や各種研究機関において必要な人材になりつつあります。そのためにも入学後は勉学に励み、様々な活動に参加、経験して4年後に活躍できる場を見つけましょう。
理学療法士を目指す方、興味がある皆さんへ
理学療法士の強みは運動学を含むすべての多くの医学的知識を有することです。本学においては十分にそれらを学ぶことが可能です。本学で一緒に学びましょう。