グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



幕張ヒューマンケア学部

ホーム > 幕張ヒューマンケア学部 > 理学療法学科

理学療法学科


目標につながる4つの特色

1 普通の理学療法士から、身体の細部まで目の届く特別な理学療法士を育成

責任を果たすことができる人材の養成が本学科の教育の目的です。具体的には、安全で効果的な理学療法を提供する能力や技術を持つことがもっとも大切です。理学療法が必要な患者の年齢は幅広く、また対象となる障害も、加齢に伴う整形外科疾患や、脳血管疾患や心疾患などの内科的疾患等多岐にわたります。本学では対象者の病態、病状、動きの変化などを敏感に察知できる能力を持ち、安全性に配慮できる理学療法士教育を行います。

2 教員一人に対し8人程度の学生を担当するチューター制度を導入。演習科目、宿題、試験勉強さらに学生生活全般をバックアップ。

本学科では7~8人で構成されたグループに
よる、学生自身の主体的な学修を積極的に導
入します。グループ単位は学習や学生生活の
仲間です。チューターは4年間、勉学面だけで
なく人間関係などについてもサポートします。
さらにこのグループは、理学療法概論や理学
療法演習(ゼミ)などでも活動を共にします。例
えば、理学療法概論では、あるテーマについて
グループ討論し、発表資料を吟味して作成し、
発表するという一連の作業から、目的に沿った
コミュニケーションの仕方を学修します。

3 多彩な分野の専門家が学修を支援する

本学科には多彩な顔触れの教育スタッフが揃っています。カラスの生態に詳しい解剖学者や、金魚のうろこの構造から骨の再生を研究する組織学者、オリンピック・パラリンピックで選手のコンディショニングを行う理学療法士や、理学療法の分野で学会、研究会において指導的立場にいる教員が教育を担当します。学生時代から教員の研究や活動に触れ、専門性を知ることは有能な臨床家になる第一歩です。単なる理学療法士ではなく、専門性を持った理学療法士であることが大切です。

4 キャンパスは海浜幕張駅から5分の好環境

キャンパスは幕張副都心の文教地区にあり、周囲にはいくつかの大学や高校が隣接しています。最寄り駅は京葉線、武蔵野線が乗り入れる海浜幕張駅で、千葉県内はもちろん埼玉県越谷駅から60分、東京駅から36分とアクセス抜群です。また幕張メッセ、ZOZOマリンスタジアム、アウトレットモールなどの施設も目の前に整っています。さらに緑豊かな海浜幕張公園や、海辺には県立幕張海浜公園が拡がっています。文化的で健康的な雰囲気の中で学生生活を過ごせます。