グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  大学案内 >  教育理念

大学案内

教育理念



近年の医学・医療技術の高度化に伴い、数多くの検査データに基づき、先進的な医療機器を使った治療が多くなり、ややもすると治療を受ける側と治療を行う側との人間関係が希薄となり、治療を受ける人の人間性が損なわれるおそれも高くなっている。

このような中で、これからの医療におけるケアは、医療に関する専門的な知識や技術に基づくことはもとより、治療を受ける人や家族と可能な限り人間的な関係を築き、治療を受ける人を個別の人格を持った個人として捉えて、それぞれにふさわしい思いやりを持ったケアを行うことが必要になっている。

このような人間性尊重の理念を基盤とするケア、すなわちヒューマンケアを実践できる医療人を養成することが本学の使命・目的であり、この使命・目的に従って、本学の理念及び看護学科の教育目標を次のとおりとしている。
東都医療大学の教育理念

本学は、生命を尊重し、人間の尊厳と基本的権利を理解するとともに、学問的基礎の上に専門的な実践能力をもち、地域の保健・医療・福祉の担い手としてリーダーシップを発揮し、学問の発展にも貢献できる医療人を育成することを教育理念とする。

ヒューマンケア学部看護学科の教育目標

  1. 生命を尊重し、人間の尊厳と基本的権利を理解できる豊かな人間性を涵養する。
  2. 看護学の基礎的な知識・技術・態度を修得し、ヒューマンケアの理念に基づいた実践ができる基礎的能力を育成する。
  3. 保健・医療・福祉の重要な担い手としての役割を認識し、自己研鑽するとともに、リーダーシップを発揮できる基礎的能力を育成する。
  4. 看護にかかわる諸問題を科学的に探究し、将来看護学の発展に貢献できる基礎的能力を育成する。


ディプロマポリシー(平成29年度入学生)

以下の能力を身につけた学生を輩出する。

1.看護専門職としての倫理観を身につけ、生命および人を尊重する姿勢

「専門職として守るべき規範・原理・規則を身につけている」「人間の生命を尊び、基本的権利を守る姿勢を持っている」「倫理的な判断に基づいて行動できる」

2.ヒューンケアの理念に基づき、保健・医療・福祉チームの一員として貢献できる能力

「ヒューマンケアの意味と価値を理解している」「看護の対象となる人々の健康維持・増進のために必要な専門知識・技能を主体的・継続的に学習できる」「保健・医療・福祉の分野における看護の役割と機能を認識し、看護専門職としての力を発揮できる基礎的能力を有している」

3.看護および看護にかかわる広い領域の問題に対する探究心を持ち、この領域の発展に寄与できる能力

「医療・看護の現象を科学的に探求する基礎的能力を有している」「根拠に基づいた、より質の高い看護実践を行うため、専門分野の応用を考えることができる」「自らの問題を見出し、筋道を立てて解決できる」

ディプロマポリシー(平成28年度以前入学生)

以上の本学の教育理念及び教育目標に基づき、本学では、所定の期間在学し、卒業要件を満たす所定の単位を修得し、かつ次に掲げる能力を身につけた学生に対し卒業を認定し、学士(看護学)の学位を授与する。

1. 看護専門職としての倫理観を身につけ、生命および人を尊重する姿勢

  • 看護専門職として守るべき規範・原理・規則を身につけている
  • 人間の生命を尊び、基本的権利を守る姿勢を持っている
  • 倫理的な判断に基づいて行動できる

2. ヒューマンケアの理念に基づき、保健・医療・福祉チームの一員として貢献できる能力

  • ヒューマンケアの意味と価値を理解している
  • 看護の対象となる人々の健康維持・増進のために必要な専門知識・技能を主体的・継続的に学習できる
  • 保健・医療・福祉の分野における看護の役割と機能を認識し、看護専門職としての力を発揮できる基礎的能力を有している

3. 看護および看護にかかわる広い領域の問題に対する探究心を持ち、この領域の発展に寄与できる能力

  • 医療・看護の現象を科学的に探求する基礎的能力を有している
  • 根拠に基づいた、より質の高い看護実践を行うため、専門分野の応用を考えることができる
  • 自ら問題を見出し、筋道を立てて解決できる