グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



沼津ヒューマンケア学部


鈴木 琴江


Kotoe Suzuki

職位 教授
学位 保健学修士(東京大学)
博士課程後期満期退学
担当科目 大学入門講座、看護とキャリア、成人看護学概論、成人看護学援助論、
成人看護学実習Ⅰ、成人看護学実習Ⅱ、ヒューマンケア看護研究、ヒューマンケア総合演習、看護統合実習
専門分野 成人看護学、周手術期看護、看護教育学、リスクマネージメント

研究実績

研究課題 術後ケア、看護カリキュラムとその評価、臨床判断、リスクマネージメント
主な研究業績 【原著】
・Risk factors for postoperative ileus after elective colorectal surgery. Journal of Japanese College of Surgeons, pp609-61, 2017.
・看護基礎教育修了時の看護実践能力尺度の開発と信頼性・妥当性の検討 日本看護学教育学会誌26巻2号 pp1-13、2016.
・看護基礎教育のカリキュラム改正による成果の検討 -看護実践能力に焦点を当てて- 日本看護学教育学会誌23巻1号 pp21-30、2013.
【学会発表】
・Sex Differences in Experimentally Induced Postoperative Ileus in Mice: a Role for Estrogens. 第45回日本看護研究学会学術集会 2019.
・Activity of daily living in elderly patients undergoing gastric cancer surgery. 第44回日本外科系連合学会学術集会 2019.
・看護師の業務環境および残業に対する認識と残業との関連 第45回日本看護研究学会学術集会 2019.
・外来がん化学療法専従看護師の業務内容に伴う ストレスとその要因 第45回日本看護研究学会学術集会 2019. 
・看護学生の腰痛に関する認識と実習中の腰痛予防行動に関連する要因 第45回日本看護研究学会学術集会 2019.

所属学会

日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本看護学会
医療の質・安全学会、日本看護管理学会、日本在宅ケア学会
日本外科系連合学会

メッセージ

本学の学生の皆さんへ
学ぶ楽しさを分かち合いましょう。
看護職を目指す方、興味がある皆さんへ
人を救う仕事の喜びと厳しさを知ってください。