グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



沼津ヒューマンケア学部


中内 暁博


Akihiro Nakauchi

職位 教授
学位 博士(医学)
担当科目 身体の構造と機能
疾病治療論
専門分野 病態生理学、分析化学、法医学


研究実績

研究課題 生体内微量成分の構造解析と分子生理学的機能解析
薬毒物の高感度・高精度分析法の開発
主な研究業績 著書
1. Drugs and Poisons in Humans. A Handbook of Practical Analysis. Springer.
2. Isolation of drugs and poisons in biological fluids by SPME. Thomas Graham House.
3. 薬毒物分析実践ハンドブック. じほう.

論文
1. Sensitive determination of midazolam and propofol in human plasma by GC–MS/MS. Forensic Toxicol, 38, 409-419, 2020.
2. High-throughput method to analyze tegafur and 5-fluorouracil in human tears and plasma using hydrophilic interaction liquid chromatography–tandem mass spectrometry. Rapid Commun Mass Spectrom, 33, 1906-1914, 2019.
3. Dialytic elimination of intravenous alendronate by hemodialysis: A kinetics study. Hemodial Int, 23, 466-471, 2019.
4. A new method for high resolution and high precision analysis of flunitrazepam and 7-aminoflunitrazepam in human body fluids using a Monolithic SPE SpinTip and UPLC-Q-ToF-MS. Forensic Toxicol, 37, 387-397, 2019.
5. Highly sensitive determination of alendronate in human plasma and dialysate using metal-free HPLC-MS/MS. Legal Med, 30, 14-20, 2018.
6. Rapid and highly sensitive analysis of benzodiazepines and tandospirone in human plasma by automated on-line column-switching UFLC-MS/MS. Legal Med, 24, 36-55, 2017.
*Researchmap参照URL:https://researchmap.jp/read0025554

所属学会

日本生理学会、日本病態生理学会、日本法医学会、日本法中毒学会、日本医用マススペクトル学会、国際法中毒学会(TIAFT)

メッセージ

本学の学生の皆さんへ
高齢・少子化を迎える医療現場は、高度な医療・福祉が求められています。沼津キャンパスの4年間で、豊かな人間性を育み、先進の専門知識と技能を身に付けられるよう、自分の力を信じて楽しく奮闘して下さい。ヒューマンケアの実践ができる医療人をめざして頑張りましょう。
看護職を目指す方、興味がある皆さんへ
看護師は、医療を支える、人の命を守る非常にやりがいのある仕事です。将来、人の役に立ちたい志のある方は、看護師をめざしてみませんか。