グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



沼津ヒューマンケア学部


望月 紀子


Mochizuki Noriko

職位 教授
学位 博士(看護学)
担当科目 高齢者看護学概論,高齢者看護援助論,高齢者看護学実習
専門分野 高齢者看護

研究実績

研究課題 家族介護者支援,高齢者施設職員教育,エンド・オブ・ライフ・ケア
主な研究業績 高齢者介護システムにおける家族の役割:修士論文(公共政策)
通所介護施設を利用している要介護高齢者の家族介護者に対する情緒教育的介入プログラムの効果:修士論文(看護学)
認知症高齢者の家族支援のための通所介護職員に対する「家族支援能力育成プログラム」の効果:博士論文(看護学)

所属学会

日本老年看護学会,日本認知症ケア学会,日本看護科学学会,仏教看護・ビハーラ学会,日本エンドオブライフケア学会

メッセージ

本学の学生の皆さんへ
高齢者看護学では、高齢者を生涯にわたり獲得してきた英知と強さの統合に向かう存在としてとらえ、看護を提供することを学びます。高齢者の健やかな生活、療養生活、人生の完結といった場面で、必要な看護の知識と態度、技術を身につけます。高齢者の心に寄り添い、高齢者の生命の質・生活の質・人生の質といったQOLの維持向上、全人的な看護を探究します。
看護職を目指す方、興味がある皆さんへ
看護は、人の心に寄り添い、人の健康課題に関わる仕事です。そして、自分自身も磨かれます。