グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



沼津ヒューマンケア学部


三島 富有


Fuyu  Mishima

職位 講師
学位 修士(老年学)
担当科目 高齢者看護学概論、高齢者看護学援助論、大学入門講座、看護研究方法、高齢者看護学実習Ⅰ、高齢者看護学実習Ⅱ、統合演習
専門分野 高齢者看護学

研究実績

研究課題 ・オーラルフレイル
・シミュレーション教育
主な研究業績 【和文論文】
・三島富有,池田晋平,芳賀博:ペット飼育の有無と高齢者の身体的・心理的・
社会的健康の関連,老年学雑誌 ,9,33-47, 2019.
・吉越洋枝,三島富有,吉田真里子:知識、思考および技術を目指す効果的な
シミュレーション演習方法の検討-観察者の有無による学びの様相および
緊張度の相違―,神奈川歯科大学短期大学部紀要,8,33-38,2021.
・三島富有,鈴木晶子:高齢者理解のための視聴覚教材の効果に関する文献検討,東都大学紀要12(1),67-74,2022.
・吉越洋枝,三島富有:Bluetooth®機能を活用した聴診学習システムの開発と
有用性の調査, ITヘルスケア特集号,2022.
【学会発表】
・吉越洋枝,三島富有:Bluetooth®機能を活用した聴診学習システムの開発とその有用性の調査-Bluetooth®機能を活用した聴診Web教材作成の報告-,神奈川歯科大学学会第169回例会(横須賀市),2022.
・吉越洋枝,三島富有:Bluetooth®機能を活用した聴診学習システムの開発と
有用性の調査, 第15回ITヘルスケア学会学術集会(千葉市),2022.
・三島富有,吉越洋枝,山本龍生:看護大学生を対象としたオーラルフレイルの認知度および口腔機能との関係調査―オーラルフレイルスクリーニング
の結果に焦点を当ててー(中間報告)―,第2回沼津学術研究会,2023.(発表予定)

所属学会

日本老年社会科学会、応用老年学会、日本老年看護学会、看護教育学会

メッセージ

本学の学生の皆さんへ
高齢者看護学の対象は、人生の最終ステージにある方々です。老年期は、さまざまな心身の変化や社会環境の変化が訪れる時期であり、それらに適応しながら、その人らしく充実した生活を送れることが望まれます。高齢者の方々に対し、私たちはどのように支援していけばよいかを一緒に学んでいきましょう。
看護職を目指す方、興味がある皆さんへ
看護師を目指すきっかけは人それぞれだと思います。学生生活の4年間の中で看護師としての基盤を身に着けていきましょう。