グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



沼津ヒューマンケア学部


千々岩 友子


Tomoko Chijiiwa

職位 准教授
学位 博士(教育学)
担当科目 精神看護学概論/ 精神看護学援助論/ 精神看護学実習/ ほか
専門分野 Psychiatric Mental Health Nursing

研究実績

研究課題 ・在宅医療における自殺予防に関する研究
・地域で生活する精神障がい者に対するケアに関する研究
主な研究業績 【論文】
1.Experiences of Psychiatric Day-Care Patients during the Introductory Period in Japan: Open Journal of Therapy and Rehabilitation, Vol.8, p29-41, 2020. Joint study
2.学齢期の発達障害児をもつ母親の推論の誤りと抑うつおよび養育態度の関連,日本看護科学会誌,37,288-297,2018. 共著
3.在宅療養中の統合失調症者が支援者と関係を構築していくプロセス, 日本外来精神医療学会誌, 16(2),61-67,2016. 共著
4.Meanings of Descriptions of the Status of Nursing Care Provided by a Psychiatric Nurse: Based on Phenomenological Interpretation. International Journal of Nursing & Clinical Practices, 2: 143,2015. Single author
5.精神科デイケア導入期における看護師のケア内容に関する研究, 日本デイケア学会誌, 18(2),1-9,2015. 共著
【助成金・補助金等】
1.(2020-2022) 科学研究費補助金(日本学術振興会)「基盤(C)」:身体疾患をもち自殺念慮を有する在宅療養者の訪問看護実践モデルの開発, 研究代表者
2.(2019-2020) 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団:在宅医療における「死にたい気持ち」がある利用者への一般訪問看護師の看護実践の解明,研究代表者
3.(2014-2018) 科学研究費補助金(日本学術振興会)「若手研究(B)」:精神科デイケア導入期における看護支援を包含した早期リハビリテーションの評価,研究代表者
4.(2012-2013) 科学研究費補助金(日本学術振興会)「研究活動スタート支援」:精神科デイケア導入期における看護支援モデルの開発,研究代表者

所属学会

日本自殺予防学会、日本看護研究学会、日本看護科学学会、日本精神保健看護学会、日本外来精神医療学会、日本デイケア学会

メッセージ

本学の学生の皆さんへ
看護学は、数学や物理学などと異なり、人間に直接的にかかわる最も実践的な学問です。つまり人間を大切にする学問とも言えます。そのような学問の奥深さや面白さをともに学んでいければと思います。
看護職を目指す方、興味がある皆さんへ
看護の対象となる人々とのかかわりによって、自分自身を成長させてくれる魅力ある職業だと思います。