グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



沼津ヒューマンケア学部

ホーム > 沼津ヒューマンケア学部

沼津ヒューマンケア学部


 今日の医療は、高度な医療知識に基づき、先進的な医療技術を活用して行われることが多く、 ややもすれば治療を受ける側と治療を行う側との人間的関係が希薄となり、 治療を受ける側の人間性が損なわれる恐れが高くなっています。
 したがって、これからの医療におけるケアには、専門的知識や技術だけではなく、 治療を受ける人や家族と可能な限り人間的な関係を築き、 治療を受ける人を個別の人格を持った個人として捉えて、 それぞれにふさわしい思いやりを持った対応をすることが必要になってきます。
 そもそも臨床における看護ケアは、いかなる場合にも看護師等と看護の対象者個人との間に、 必ず何らかの対人関係(援助的人間関係)を通してアプローチされるので、 ケアを行う側も豊かな人間性を備えていることはもとより、人間の尊厳を尊重し、 人間性を守るという道徳的、倫理的価値観に裏打ちされた知識・技術・態度でアプローチしなければなりません。
 本学ではそうした、人の命や人間の尊厳に対する畏敬の念と高い倫理観に裏打ちされた看護ケアを 「ヒューマンケア」と捉え、「ヒューマンケア」を実践できる医療人を育成していくことを目標としています。
 看護師、保健師は、医療の専門職であり、そのためにはしっかりとした看護・医学の知識・技術とともに、皆さん自身の心のなかに
「人に尽くす」、「人に優しい」という徳(道徳性)を育むことが大切です。
 本学科は、「心のケア」と「いのちと健康のケア」の両方ができる看護人材を育成するためのカリキュラムを用意しています。



目標につながる4つの特色

特色①:充実したカリキュラム しっかりとした看護の知識・技術の涵養

1年次には、医学の基礎を学ぶ必修科目以外に20科目近い選択科目を用意し、ヒューマンケアを実践できる大学生としての基盤を育む機会を提供します。その後、学年が進むとともに、看護の基礎から専門領域へと学びの幅を広げ、それらを講義だけでなく学内演習と病院などでの実習を通じてしっかりと学んでいける体系的なカリキュラムを提供しています。

沼津ヒューマンケア学部 看護学科1年 S・Nさん
沼津市立沼津高等学校出身

 東都大学には、つい最近まで病棟で勤務されていた先生や医学や看護学などを専門に研究されている経験豊富な先生がいらっしゃるため、医療現場の実情や医学・看護学についての最新の情報に触れることができます。また、講義中に疑問に思ったことや分からなかったことについては、納得いくまで相談に乗ってくださいます。そのため、分からないことを分からないままにせず解決でき、覚えることも多く難しい大学の授業にもついていくことができます。
 また、実習施設が近くにあるので安心でき、看護師の資格だけでなく保健師の資格も目指すことができるなど魅力がいっぱいあります。保健師課程では必要な科目を選択履修することで養護教諭二種免許も同時に目指すことができます。
 1年生全員で受講する必修科目も多いため交流の機会も多く、同じ志を持った仲間たちと目標に向かって学んでいます。看護職への道のりは容易ではありませんが、先生方に支えられ、同級生の友人と協力しながら、今後も精一杯努力していきたいです。

特色②:優れた教育環境

学生の通学風景

沼津キャンパスは、周りに多くの公立、私立の中学校や高校が並ぶ「学園通り」に立地しています。沼津駅から徒歩約13分のところにあり、沼津市外からの通学にも便利だと新入生の評価を得ています。また、もともと由緒あるシティーホテルとして地元に愛されていた建物を改修した校舎は、ホテルテイストを残しながら、大学として必要な設備をコンパンクトに配置しています。なお、体育館と運動場は附属していませんが、近隣の企業等と利用契約を結び、授業に支障なく使うことができます。

沼津ヒューマンケア学部 看護学科1年 M・Kさん
静岡県立清水南高等学校出身

 私が看護師になりたいと思うようになったのは急性の腸炎で入院した時、個室に隔離され不安を感じていた私を、看護師の方々がやさしく支えてくださったことがきっかけです。看護師の母親や看護学生の友人から、看護師を目指すことの大変さは聞いていましたが、その大変さよりも高校時代にはない多くの学びや経験ができて、とても充実感を得られています。
 私は経済的な面や、より多くの専門的な知識を身につけることができるという点から静岡県内の大学の看護学科に入学したいと考えていました。その中で新設の東都大学沼津ヒューマンケア学部のオープンキャンパスに参加して、この大学で学びたいと思い、受験しました。
 沼津キャンパスは沼津駅からも近いので、電車を利用して短い時間で通学することができます。また、学修環境も整っており、気軽に先生に質問できたり、自主学習に使えるスペースが多い点も東都大学の魅力だと思います。

特色③:心といのちのケアができる看護専門職を育てる教育

講義風景(心理学)

看護師、保健師は、医療の専門職Professionであり、その役割を担うために看護・医学の知識・技術だけではなく、患者など看護を求める人々にしっかりと寄り添う「心」が大切です。そのためには、皆さんの心のなかに「人に尽くす」、「人に優しい」という徳(道徳性)を育むことが大切です。人と人との関係性のとり方が大きく変わってきている今日、改めてこの「徳(道徳性)」に注目し、患者やケアの対象者との良い人間関係を構築し、看護に向き合えるようになるための教育を用意しています。

沼津ヒューマンケア学部 看護学科1年 A・Nさん
静岡県立静岡東高等学校出身

 私の母が看護師ということもあり、以前から身近に感じていた職業でもありましたが、看護師になりたいと強く思うようになったのは高校3年の時です。その時、私は初めて身内の死を経験し、最期まで本人とその家族を一番近くで支えてくれた看護師さんに憧れました。
 大学に入って多くの学生が最初に戸惑うのは、クラス制度がないこととレポート課題の多さでしょう。私も本格的なレポートというのは書いたことがありませんでした。最初は相談できる先生ができるか、レポートをうまく書けるか不安でした。
 東都大学にはチューター制があり、私の所属しているグループの人数が約8人と少ないため、先生と関わりやすく、いつでも気軽に悩みを相談できます。また、入学後すぐにレポートの書き方やノートの取り方なども丁寧に指導してもらえます。授業には演習もあるので、他の学生のノートの取り方を見て良いところを吸収し、授業中に実践できるので、イメージしやすいです。このような充実した学修環境が、東都大学の魅力の一つだと思います。

特色④:入学から国家資格の取得まで一貫した充実したサポート

学生指導の様子

学生の能力に応じたサポートをします。学生には約10人のグループごとに1~2名の教員がチューターとして配置されます。履修上の問題などがあれば、学修支援のための指導を行い、また、奨学金などの相談にものります。さらに、卒業時に看護師、保健師(選択学生)の国家資格が取得できるように、国家試験に向けた特別指導も用意します。入学から卒業、そして国家試験に向けた一貫したサポートを提供します。

沼津ヒューマンケア学部 看護学科1年 R・Nさん
星陵高等学校出身

 私は将来、人の役に立つ仕事に就けたらと考えており、高校3年生の時に病院でのナース体験に参加しました。そこで看護師の仕事の大切さややりがいを感じたことがきっかけとなり、看護師になりたいと思うようになりました。そんな折に近隣の沼津市に新しく看護大学が開設されることを知り、オープンキャンパスに参加して、この大学で学びたいと強く思うようになりました。
 私の学年ではおよそ8名の学生に対して2名の先生がチューターを担当してくださり、いつでも授業で分からないことや大学生活の不安な部分、将来のビジョンなどを相談できる体制が整っています。チューター制度のメリットは「身近に頼れる人」がいるということです。
 看護の領域は専門用語も多く講義を受けるのも大変な上、病院での実習もあるので不安ばかりですが、チューターグループの学生同士で協力し合い、チューターの先生にも積極的に相談しながら、4年間不安がないように大学生活を送りたいと思っています。