グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



幕張ヒューマンケア学部

ホーム > 幕張ヒューマンケア学部 > 臨床工学科 > 学科長メッセージ

学科長メッセージ


学科長・教授  堀内孝

医療技術の発展は止まることはありません。その時代の科学技術を結集して生まれ育った医療機器が様々な疾病に苦しむ患者の生命やQOLに貢献しています。腎臓、肺や心臓の機能がほとんど失われると生命の危機に陥りますが、人工腎臓、人工心肺、人工心臓の登場で生命を維持することが可能となりました。このような医療機器を生命維持管理装置と呼びますが、その操作、保守管理を行う医療専門職が臨床工学技士として30年以上前に登場しました。現在ではカテーテル治療、ペースメーカ、人工呼吸器等多種多様な医療機器の保守点検業務にまで仕事の領域を広げてきました。言わば、医療機器のドクターでもあり、「いのちのエンジニア」と称される所以です。
東都大学で誕生した臨床工学科では従来の臨床工学業務のみならず、これから益々医療機器に組み込まれる情報通信技術に強みを持つ臨床工学技士の育成を目指します。言わば、医学と工学と情報学が融合した学科です。工学と情報のテクノロジーを駆使し、苦しんでいる患者さんの「治療」に貢献する人材を育成します。命を預かる責任のある仕事ですので医療技術、工学技術、情報技術の勉強が大切ですが、実はもっと大切なものは東都大学が長年培ってきたヒューマンケアの精神を身に付けることです。
本学科では豊かな心と卓越した技術を身につけた次代の臨床工学技士の育成に努め、社会で必要とされる人財を輩出することを、全教職員一丸となって目指します。