グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  地域交流 >  深谷と渋沢栄一

地域交流

深谷と渋沢栄一


渋沢栄一の生家

深谷市に生まれた渋沢栄一(雅号青淵)は、近代日本資本主義の父といわれ、銀行、株式会社制度を創設、関わった会社は500以上にのぼります。91年の生涯の間に、産業育成のみならず、社会福祉・国際交流など公益の面でも多大な業績を残しました。

学校法人青淵学園は、その生誕の地・深谷市でこうした渋沢の偉業を記念するとともに、その徳性を尊ぶ精神を継承し、深谷市及び関係者の協力のもと、東都医療大学を設立します。ヒューマンケア学部看護学科において、地域に必要な看護師、保健師、助産師を養成し、社会に貢献することといたします。