グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 管理栄養学部 > 管理栄養学科 > 教育の特色

教育の特色


実践重視の教育

 患者になりきった「模擬患者」とやり取りする演習や、臨床能力を客観的に測る試験など、実践的なカリキュラムを用意しています。関連病院・施設や地域の病院・施設など、豊富な受け入れ先を活かした実習も、本学の強みです。

臨床に強い管理栄養士

 食品と調理という「モノ」の知識だけでなく、利用する人の立場に立って食事サービスや栄養支援を提案できる、「人」を対象にしたスキルを育てます。
 また、看護師など他の職種をめざす学生と同じキャンパスで学ぶため、将来それらの職業の人々と現場で協働するイメージを養うことができます。

キャリアデザイン支援

 1年次から、さまざまな現場で活躍する先輩方に話を聞ける授業や、病院での管理栄養士の役割を学ぶ実習をカリキュラムに取り入れ、将来像を描けるようサポートします。
 授業外でも、各種ガイダンスや就職活動の個別相談、国家試験対策プログラムなど、望む進路で活躍するための支援に力を入れています。

地域との連携

生涯学習講座や講演会、交流イベントなど、地域住民向けのプログラムにも力を入れています。
学生の皆さんにとっては、ボランティア等として参加することで、普段の学習を実践するとともに、地域の方との交流を深め、将来の活躍の場を広げる機会になります。