グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




澤田 孝子


Takako Sawada

職位 教授
学位 MS( Nutrition&Food Sciences)
担当講義 基礎栄養学、基礎栄養学実験、応用栄養学 I, III、応用栄養学実習、国際栄養学ほか
専門分野 基礎栄養学、応用栄養学

インタビュー動画


研究実績

研究課題 成人女性における微量ミネラルの栄養
高齢期における微量ミネラルの栄養
主な研究業績 ・Sawada T. et al (2013) Iron deficiency without anemia is associated with anger and fatigue in young Japanese women. Biol Trace Elem Res159: 22-31
・澤田孝子 他 (2011) 成人女子の”貧血のない鉄欠乏症”における亜鉛値の一考察Trace Nutrients Research 28: 84-88
・Sakajiri T. et al (2010) Human transferrin receptor refuses to bind the complex of biological toxic trace element, aluminum, by an incomplete open/closed form and surface charge character of the complex. Biol Trace Elem Res 136:279-286
・Sawada T. et al (2010) Observation of iron deficiency with and without anemia and zinc deficiency in young women. European Journal of Clinical 64:331-333

所属学会

日本微量元素学会正会員、日本栄養改善学会正会員、日本栄養・食糧学会会員、日本抗加齢学会正会員、日本スポーツ栄養学会正会員、日本思春期学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
「栄養」とは、摂取した栄養素からエネルギーを生みだし、体の細胞や組織を構築し、不要になった物質を体外へ排泄する生体の生きるための営みを意味します。少子化、超高齢社会化現象の日本において、人々のライフスタイルや健康状態に応じた栄養管理・栄養指導を行うことのできる専門的な知識や技能を備えた管理栄養士が求められています。人間栄養学の基礎からライフステージに応じた栄養管理を一緒に学んでいきましょう。
越えなければならない壁が高ければ高いほど、越えたときの力は大きい。
本学を志す学生に
健康、栄養、食に関する高度な知識と技能を学ぶと同時に人々の食変容を導き、健康維持と疾病予防に貢献できる管理栄養士の育成を目指しています。また、地域に寄り添える大学として、地域特性を生かして総合的に学べる授業科目を展開しています。
ぜひ東都医療大学管理栄養学部で学び、健康・栄養の専門家として社会で活躍する管理栄養士を目指してみませんか。