グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




佐藤 香苗


Kanae Sato

職位 教授
学位 博士(医学)、修士(地域社会学)
担当講義 栄養教育論Ⅰ、栄養教育論Ⅱ、栄養教育論Ⅲ、栄養教育論実習Ⅰ、栄養教育論実習Ⅱ、公衆栄養学実習、総合演習Ⅰ、総合演習Ⅱ、管理栄養士演習、キャリアデザイン、卒業研究
専門分野 栄養教育、健康科学

インタビュー動画


研究実績

研究課題 1、QOL向上に寄与する新規栄養教育モデルの構築と応用可能性
2、管理栄養士の実践力育成のためのシミュレーション教育の開発と運用
主な研究業績 <論文>
・佐藤香苗(2018)QOLをハカル:食生活支援の視座から.日本食生活学会誌,28(4):253-265.
・Tada T, Moritoshi P, Sato K, Kawakami T, Kawakami Y(2018)Effect of Simulated Patient Practice on the Self-Efficacy of Japanese Undergraduate Dietitians in Nutrition Care Process Skills. J Nutr Educ Behav,50:610-619.
・佐藤香苗、菅野未奈子、山内太郎、松村康弘、中山祥嗣、新田裕史(2017)北海道上川地区 3 歳児の栄養摂取ならびに主要食品のポーションサイズ.日本生理人類学会誌,22(1):7-23.
・Sato K, Hasegawa M, Kurokawa A, Arakawa Y(2016)Effectiveness of Dietary Education Using the Ishikari Food Guide Spinning Top: A Study of Second-Year Junior High School Students. Health Sciences,32 (4):215-228.
・佐藤香苗、川上貴代、山内太郎(2014)在宅知的障害者の栄養状態とQOLとの関連予測因子.Health sciences,30(1):9-16.
・佐藤香苗, 多田賢代, 川上貴代(2013)在宅栄養支援教育に対するビデオ学習の効果~学生の自己効力感に焦点をあてて~.Health sciences,29(2):85-94.
・佐藤香苗、山部秀子、川上貴代、百々瀬いづみ、岡部哲子、松下真美、荒川義人(2011)管理栄養士養成課程の「栄養教育演習」における客観的臨床能力試験導入の試み.高等教育ジャーナル-高等教育と生涯学習-,18:125-140.
・Yamauchi T, Nakazawa M, Ohmae H, Kamei K, Sato K, Bakote'e B(2010)Impact of ethnic conflict on the nutritional status and quality of life of suburban villagers in the Solomon Islands.J Nutr Sci Vitaminol, 56 (4): 227-234.
・Sato K, Tamashiro H (2008)Gender differences in the relationships between obesity and lifestyle risk factors in a small farming town in Japan.
Asia Pac J Public Health,20 Suppl:236-243.
ほか

<著書>
・逸見幾代・佐藤香苗編著(2015)改訂マスター栄養教育論. 建帛社, 全207頁
・佐藤香苗・杉村留美子編著(2016)マスター栄養教育論実習. 建帛社, 全133頁
ほか

<学会発表>
Sato K,Yamabe S, Kawakami T, Momose I, Arakawa Y(2012)Trial Implementation of Objective Structured Clinical Examination at the Dietary Education Seminar of a Registered Dietitian Training Course. The 16th International Congress of Dietetics,Sydney(Australia)
[Best Non English speaking background Poster:Education Accreditation, Professional Organisations 受賞]
ほか

所属学会

日本栄養改善学会評議員、日本栄養学教育学会代議員、日本食生活学会評議員、日本健康学会評議員、日本公衆衛生学会正会員(査読委員)、日本生理人類学会正会員(健康栄養科学研究部会代表幹事)、日本健康科学学会正会員 ほか

メッセージ

本学で学ぶ学生に
 皆さんは「なりたい自分の将来像」を描けていますか?管理栄養士という国家資格を人生の大きな武器に、ここぞという時に一歩前に踏み出せる、そんな専門職業人になってもらいたいと願っています。
 管理栄養学科では、教員が一丸となって皆さんの夢を叶えるお手伝いをいたします。学年進行に応じて専門実践科目が増えていきますが、基礎をしっかり固めることが「なりたい自分」に近づく早道です。より一層、逞しくなった皆さんと実践科目で大いに議論できる日を楽しみにしています。
本学を志す学生に
 管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受ける国家資格です。その主な仕事に「栄養教育」があります。例えば、市町村で地域栄養診断を行い、その結果に基づき、住民のための健康の維持増進活動を行います。病院では、患者様への適切な栄養指導や治療食の提案によって入院日数の短縮・医療費の削減などに貢献します。介護を必要としている人には、栄養状態をよくしてQOL(生活の質)を高めるように力を尽くします。
 管理栄養士は相談業務や多職種と連携する機会が多い職業です。従って、栄養・健康に関する研究の急速な進歩に正しく対応できるように、常にアンテナを張り巡らして課題を発見・解決する力、チームワークやコミュニケーション力を身につけておきたいものです。
本学では、厚生労働省の栄養士法で定められた指定科目に加え、実践重視のプログラムを多数用意して、皆様をお待ちしています。よろしければ、東都大学管理栄養学部管理栄養学科のドアをノックしてください。