グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 管理栄養学部 > 管理栄養学科 > 教員一覧 > 宮下 ひろみ

宮下 ひろみ


Hiromi Miyashita

職位 准教授
学位 修士(栄養学)
担当講義 調理学、調理学実習、学校栄養教育論、学校栄養指導論、文献講読等
専門分野 調理学、食事栄養学、食生活

インタビュー動画


研究実績

研究課題 1.ヒトの食物受容をめぐる課題
味覚、食物アレルギー、摂食・嚥下機能障害等に関するテーマ
2.食文化・食の地域性に関する課題
 郷土料理、行事食とその歴史や変遷等に関するテーマ
主な研究業績 ・「きざみ食」の基礎的研究—咀嚼後の食品の大きさの測定,共著,1998,栄養学雑誌
・調理文化の地域性と調理科学—行事食・儀礼食—共著,2011,日本調理科学会「調理文化の地域性と調理科学」特別委員会報告書
・日常食における市販食品の利用状況と調理簡便化の検討,単著,2012 ,仙台白百合女子大学紀要第16号,
・魚の調理—学校教育の場で経験する大切さ,単著,2012 , 日本調理科科学会誌 
・病院の食事形態名称と仙台市内高齢者向け宅配サービスの食事形態名称の互換性に関する考察,単著, 2013 ,仙台白百合女子大学紀要第17号,
・食塩摂取量の推定における食事調査法と尿中排泄測定法との比較,共著2017,仙台白百合女子大学紀要第21号
・食べ物と健康IV 「食事設計と栄養・調理」,共著,2015,三共出版
・改訂新版「調理学実験」,共著,2016,アイケイコーポレーション
・改訂新版「調理学実習―おいしさと健康―」,共著,2016,アイケイコーポレーション
・改訂新版「調理学―健康・栄養・調理―」,共著,2016,アイケイコーポレーション
・ステップアップ栄養健康科学シリーズ「調理学」,共著,2017,化学同人

所属学会

日本栄養食糧学会、日本栄養改善学会、日本調理科学会、日本官能評価学会、
日本食生活学会、日本咀嚼学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本在宅栄養管理学会、食物アレルギー研究会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
管理栄養士養成課程のカリキュラムは濃密で毎日の予習や復習、実験や実習のレポート作成、学外での実習もありたいへんです。しかしそれは、勉学に励むべき大学生としては充実した理想の学生生活を送ることができるともいえるでしょう。仲間とともに自分をどこまで磨けるかチャレンジし、卒業後、地道な努力が実を結び人の役に立つ管理栄養士の仕事の実感をぜひ味わってください。
本学を志す学生に
誰もが望む健康で幸福な生活。これを食や栄養管理からサポートする管理栄養士は、とてもやりがいのある仕事です。私の専門は、おいしい食事で人を幸福にする探求にありますが、東都医療大学では、各教職員が皆さんの将来の夢そしてありたい自分の実現のため、一人一人を全力でサポートします。扉を開くのは、あなたです。