グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 管理栄養学部 > 管理栄養学科 > 施設・設備

施設・設備


高度な技術を習得するための充実した施設・設備

給食経営管理実習室

給食経営管理実習室
給食経営管理実習室では、スチームコンベクションオーブンやブラストチラー、真空調理器など、最新の調理設備を用意しています。大学の中にもかかわらず、給食運営の現場さながらの気分で実習を行えます。

調理実習室

調理実習室
利用者の立場に立った栄養指導を行うためには、必要な栄養を摂れるだけでなく、食べる楽しみにも配慮した提案力が必要になります。自分で企画した食事を実際に調理し、試食してみることも、その能力を身につけるためには重要です。

第一・第二臨床栄養学実習室

第一・第二臨床栄養学実習室
第一臨床栄養学実習室は、病院や福祉施設で栄養サポートを行うことを想定し、各種実習機器を完備した臨床に強い管理栄養士育成のための実習室です。第二臨床栄養学実習室では、患者さんや入所者の病態や摂食・嚥下に応じた専門調理技術を修得します。

理化学実験室A・B

理化学実験室A・B
食品や栄養素の化学的性質を学ぶための実験室です。
ドラフトチャンバーや冷却遠心機などの設備を備えています。

栄養教育論実習室

栄養教育論実習室

栄養教育の始まりは対象者把握から。
健康・栄養状態や食事・身体活動の調査・測定、食行動・食環境に関する情報収集を行い、多様な解析ソフトを駆使して課題を抽出します。
解決に向けて、フードモデルや自身で作成した教材を用いて、個別・小集団・集団栄養教育を行う一連の技術を修得する専門実習室です。

衛生学実験室

衛生学実験室
学生用の生物顕微鏡を計48台用意した衛生学実験室です。
実験の際はひとり1台操作して、自分の手でじっくりと取り組むことができます。

メディアプラザ

メディアプラザ

80台のパソコンを備えています。栄養評価・計算ソフトがインストールされています。