グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 幕張ヒューマンケア学部 > 理学療法学科 > 学科長メッセージ

学科長メッセージ


学科長 教授・石黒 友康

 本学科の目標は、医療・保健・予防・福祉の担い手として、リーダーシップを発揮できる人材を養成することです。
 皆さんが目指す理学療法士は、現在様々な分野で活躍しています。リハビリテーションを中心とする医療分野はもとより、生活習慣病者や高齢者の運動機能を維持・改善させる予防分野、勤労者の健康を増進する分野などに、理学療法士は貢献しています。
 また、理学療法を必要とする対象も、障碍の程度や年齢に関係なく、動きに関わる様々な問題に対して、理学療法学の専門的な立場で臨んでいます。
 このような多様な社会的ニーズに対応して、理学療法士に求められることは、広く理学療法学を学ぶと同時に、自己の専門性を見出すことが重要です。本学科では各領域の第一人者の教授陣を擁しており、質の高い教育を提供いたします。医療職として高い使命感と実践力を持ち、社会に必要とされる理学療法士を目指しましょう。