グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




杉田 昭栄


Shoei Sugita

職位 教授
学位 医学博士  博士(農学)
担当講義 生物学 解剖学Ⅰ 解剖学Ⅱ
専門分野 神経解剖学 比較解剖学


研究実績

研究課題 視覚機構と神経系 動物の脳と心
主な研究業績 著書
・杉田昭栄(単著)、カラス学のすすめ、緑書房、東京、2018

論文、総説・解説
・杉田昭栄,骨から鳥の性能を探る,Birder, 3:26-27,2017.
・Aoyama M, Motegi T, Sugita S. Effects of apomorphine administration on the behavior in goat. Animal Behavior and Management.52:180-186.2016
・Bogale B, Sugita S. Shape discrimination and concept formation in the jungle crow (Corvus macrorhynchos) Animal Cognition. 17:105-111. 2014.
・Tukahara N, Tani Y, Nihei K. Kabuyama Y, Sugita S, High levels of apolipoprotein in the soluble fraction of avian cornea. Experimental Eye Res., 92:432-435.2011.
・Tsukahara N, Yang Q and Sugita S . The structure of syringeal muscles in jungle crow (Corvus macrorhynchos). International Anatomical Sience. 83:152-158. 2008.
・杉田昭栄、鳥類の視覚受容機構、バイオメカニズム.31:143-149.2007
・Kassab A, Sugita S. Study of ganglion cell topography of the retina in buffaloes ( Bos bubalis). Animal Science Journal 71: 600-608.2000.
・Sugita S, Aoyama M, Fujiwara K. Retinal projections to the dorsal and ventral lateral geniculate nuclei in the domestic pig ( Sus scrofa domesticus Brisson). Animal Science Journal 71: 189-196.2000.
・Sugita S, Ito S, Aoyama M, Fukuta K. The central distribution of the vagal efferent neurons projecting into the stomach of the Japanese field vole (Microtus montebelli). Animal Science Journal 70: 319-328.1999.
・Sugita S, Minematsu S, Nagai K, Sugahara K. Morphological changes in the hypothalamic suprachiasmatic nucleus and circadian rhythm of locomotor activity in hereditary microphthalmic rats. Experimental Animals 45:115-124.1996.
・Sugita S, Iizuka Y, Sugahara K. Organization of the vagal preganglionic neurons innervating the stomach in the Japanese quail (Conturinx japonica) double labeling fluorescent method. Journal of Veterinary Medical Science 58: 229-234. 1996.

他下記HP参照
http://agri.mine.utsunomiya-u.ac.jp/hpj/deptj/anij/item/sugita.html

所属学会

日本解剖学会(永年会員)、日本獣医学会(評議員)、日本獣医解剖学会(名誉会員)、日本神経科学会、日本応用動物行動学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
生命の営みや仕組みを考え理解し、それを基礎として臨床の個々の科目の理解や応用に幅がでてきます。そのために生物学と解剖学が基礎となります。人体は小宇宙にも例えられるくらい複雑で神秘です。まずは、自分の身体に照らし合わせ人体への興味を深め理解をしっかり進め臨床科目に繋げて欲しいと思います。
本学を志す学生に
理学療法は、医療の現場はもちろんですが老人保健施設、老人ホームなど高齢の方の運動機能低下の予防でも行われます。このように活躍の場が多く、広く人の健康を支える職業です。人を対象に医療行為を行いますので生命の知識が基礎になります。高校では生物など学習しておくことが大切ですが、人を相手にします。いろんな分野の読書や友人関係で豊かな高校生活を送る経験が大事です。