グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




中村 睦美


Mutsumi Nakamura

職位 講師
学位 博士(保健医療科学)
担当講義 大学入門講座,統計学入門,運動器系理学療法学演習,理学療法学演習Ⅱ-2,
予防理学療法学,チーム医療論,卒業研究,臨床見学実習,総合評価学実習,
総合臨床実習Ⅰ,総合臨床実習Ⅱ
専門分野 予防理学療法学
運動器理学療法学
老年期理学療法学


研究実績

研究課題 骨・関節疾患の理学療法,変形性関節症,
地域包括ケアシステム,地域づくりによる介護予防,老年期理学療法
主な研究業績 【原著論文】
1. 中村睦美, 川畑瑞穂,他.人工膝関節置換術後患者における膝関節機能の経時的変化と健康関連QOLについて. 理学療法 進歩と展望. 2007; 21: 44-48.
2. 中村睦美.変形性膝関節症患者に対する水中抵抗を用いた膝周囲筋トレーニングの筋電図学的特性に関する研究(修士論文) 2010.
3. 中村睦美,山元佐和子,他.人工膝関節置換術後患者の日常生活活動能力の経時的変化. 理学療法科学.2011; 26(2): 221-224.
4. 中村睦美,水上昌文.水中抵抗を用いた膝周囲筋トレーニングの筋電図学的特性. 理学療法科学. 2011; 26(6), 725-730.
5. 中村睦美,長谷川恭一,他. 変形性膝関節症に対する「活動と参加の基準(暫定案)」を用いた評価における検者間信頼性の検討-新たに作成した補足指針を用いて-. 理学療法科学.2013; 28(4):495-500.
6. 中村睦美. 人工膝関節置換術後の生活機能に関する研究 -活動と参加に着目して-(博士論文) 2015.
7. 中村睦美,木㔟千代子,他.人工膝関節置換術後の生活機能の変化-活動と参加に着目して-. 理学療法学2015; 42(3): 246-254.
8. 中村睦美,木㔟千代子,他. 人工膝関節全置換術後患者に対する視覚的フィードバックを用いた協調性トレーニングによる姿勢制御能力の改善効果. 理学療法東京.2016; 4: 55-61.
9. 中村睦美,木㔟千代子,他. 人工膝関節置換術患者における活動,参加に関与する諸要因の関係. 理学療法学. 2016; 43(3): 283-292.

【総説】
1. 中村睦美. 膝関節手術後患者の基本動作の評価からプログラムを立案する. 理学療法ジャーナル. 2012; 46(8): 753-758.
2. 中村睦美. 臨床実習サブノート どうする? 情報収集・評価・プログラム立案 : 複雑な病態や社会的背景の症例(5)女性の変形性膝関節症患者. 理学療法ジャーナル.2018; 52(8), 763-769.

所属学会

日本理学療法士学会,日本老年医学会,日本人工関節学会
理学療法科学学会,運動疫学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
医学、科学は急速に進歩していますが、理学療法士を取り巻く環境も日々変化しています。社会に求められる理学療法士の役割を理解し、時代の変化に対応できる専門職になって欲しいと思います。将来のために、自ら、積極的に考えて行動し、この4年間の学生生活を充実したものにしてください。
本学を志す学生に
理学療法の対象者は子どもから高齢者まで幅広く、理学療法士は、病院や介護施設だけでなく、様々な場面で必要とされています。人の人生に向き合う仕事のため、多くの事を学ぶ必要がありますが、その分、大変やりがいを感じられる職種です。ぜひ、一緒に理学療法士を目指しましょう。皆さんのやる気をしっかりサポートします。