グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




河江 敏広


Toshihiro Kawae

職位 講師
学位 修士
担当講義 運動解剖学、理学療法学演習Ⅰ、臨床見学実習
専門分野 内部障害系理学療法学(代謝系,糖尿病)


研究実績

研究課題 ・糖尿病網膜症患者に対して眼底出血を生じさせない新しい運動指針の確立
・生活様式の違いが運動機能に与える影響について(ハワイ-ロサンゼルス広島スタディー)
主な研究業績 2019年度業績
【原著論文】
1. Effect of the use of passive body trunk exercise equipment on oxygen consumption and self‐efficacy for performing exercise in patients with type 2 diabetes. T Kawae, D Iwaki, Y Nakashima, K Fudeyasu, T Ishiguro, H Kimura, K Sekikawa, H Hamada, H Ohno, M Yoneda. J Diabetes Investig 2020, https://doi.org/10.1111/jdi.13234.
2. Whole-body vibration enhances effectiveness of “locomotion training” evaluated in healthy young adult women. Mikami T, Amano J, Kawamura K, Nobiro M, Kamijyo Y, Kawae T, Maeda N, Hirata K, Kimura H, Adachi N. J Phys Ther Sci 31(11) 895 - 900 2019.
3. Tele-guidance for intensive physiotherapy in older patients with type 2 diabetes: A study protocol for a randomized controlled trial. Kataoka H, Nomura T, Kawae T, Oka H, Ikeda Y. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 9(2) 89 - 94 2020
4. Aging, Physical Activity, and Diabetic Complications Related to Loss of Muscle Strength in Patients with Type 2 Diabetes. Nomura T, Kawae T, Kataoka H, Ikeda Y. Physical Therapy Research. 21(2) 33 - 38 2019.
5. 空気圧免荷式トレッドミルを用いた運動負荷試験が推定最大酸素摂取量に与える影響廣田智弘, 河江敏広, 岩城大介, 筆保健一, 中島勇樹, 高尾恒嗣, 関川清一, 馬屋原康高, 木村浩彰. 理学療法の臨床と研究. 28, 41 – 45, 2019.
6. 最大運動回復時の酸素吸入が呼吸循環および運動筋酸素動態に与える影響. 関川清一, 馬屋原康高, 河江敏広. 保健医療学雑誌(印刷中) 2019.
7. 当院血友病包括外来受診児のスポーツ参加状況と身体機能. 岩城大介, 河江敏広, 廣田智弘, 中島勇樹, 筏香織, 笹木忍, 西村志帆, 小林正夫, 木村浩彰. 理学療法の臨床と研究. 28 35 - 39 2019
8. がん患者の外来リハビリテーションニーズとQOLの関連. 中島勇樹, 井東あゆみ, 河江敏広, 岩城大介, 木村浩彰, 岡村仁. 理学療法の臨床と研究. 28, 77 - 80, 2019.
9. 円背姿勢での非支持性上肢挙上運動が換気諸量に及ぼす影響. 関川 清, 馬屋原 康高, 相澤 郁也, 河江 敏広. 理学療法の臨床と研究. 28, 61 - 65, 2019.
10. 化学放射線療法中のサルコペニア合併膵癌患者に対する理学療法の経験. 中島勇樹, 河江敏広, 岩城大介, 筆保健一, 廣田智弘, 三上幸夫, 木村浩彰. 理学療法の臨床と研究. 28, 77 - 80, 2019.

【書籍】
1. 糖尿病療養指導グリーンノート. 高齢糖尿病への運動療法, 運動療法継続のための療養指導, 合併症を有する患者への運動療法. 河江敏広(分担執筆)

【学会発表】
1. RELIABILITY AND VALIDITY OF AN ACCELEROMETER FOR ESTIMATING THE INTENSITY OF LIGHT NON-LOCOMOTIVE ACTIVITY IN ELDERLY INDIVIDUALS. Sekikawa K, Kawae T, Umayahara Y, Namba H, Sato Y, Aizawa F, Otoyama I, Kajiwara T, Kamikawa M, Hamada H. WCPT Congress (Palexpo Geneva Switzerland) 2019年5月
2. PREPARATION AND PRACTICE OF A PHYSICAL THERAPIST EDUCATION PROGRAM PROVIDING KNOWLEDGE OF DIABETES MELLITUS PATHOLOGY AND TREATMENT. Kawae T, Iwaki D, Fudeyasu K, Nomura T, Kataoka H, Sekikawa K, Umayahara Y, Ishiguro T, Kimura H. WCPT Congress (Palexpo Geneva Switzerland) 2019年5月
3. INVOLVEMENT OF DIABETIC NEUROPATHY IN AGE-RELATED LOWER EXTREMITY MUSCLE WEAKNESS IN ELDERLY DIABETIC PATIENTS. Nomura T, Kawae T, Kataoka H, Ikeda Y. WCPT Congress (Palexpo Geneva Switzerland) 2019年5月
4. IDENTIFICATION OF FACTORS THAT INFLUENCE WEAKNESS OF MUSCLE STRENGTH IN CHRONIC LIVER DISEASE PATIENTS. Fudeyasu K, Kawae T, Iwaki D, Nakashima Y, Nagao A, Hiramatsu A, Kimura H. WCPT Congress (Palexpo Geneva Switzerland) 2019年5月
(他:7演題)

【競争的資金】
1. 理学療法士における一次救命処置実践能力向上を目的とした教育プログラムの構築(代表). 日本理学療法士協会 2019年度日本理学療法士協会研究助成.
2. 経皮的胃電図を用いた運動療法の新たな評価法の確立−健常者、消化器癌患者での検討−(分担). 日本理学療法士協会 2019年度理学療法に関わる研究助成.
3. 足浴が消化器癌患者および健常者の胃電図および食欲に与える影響 (分担) .日本健康開発財団 2019年度日本健康開発財団 による助成研究
4. 糖尿病網膜症患者に対して眼底出血を生じさせない新しい運動指針の確立(代表)
(ア) 日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究C)

所属学会

日本糖尿病協会 , 日本糖尿病学会 , 日本心臓リハビリテーション学会, 日本リハビリテーション医学会, 日本糖尿病理学療法学会, 日本理学療法士協会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
近年、理学療法士は医学の範疇を超え、一般企業や各種研究機関において必要な人材になりつつあります。そのためにも入学後は勉学に励み、様々な活動に参加、経験して4年後に活躍できる場を見つけましょう。
本学を志す学生に
理学療法士の強みは運動学を含むすべての多くの医学的知識を有することです。本学においては十分にそれらを学ぶことが可能です。本学で一緒に学びましょう。