グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




舟橋 久幸


Hisayuki Funahashi

職位 教授
学位 博士(医学)
担当講義 細胞学、組織学
専門分野 細胞学、組織学

研究実績

研究課題 間葉系細胞由来の新規骨吸収細胞を魚類の鱗に求める
-老人性骨粗鬆症発症機序の解明
主な研究業績 1. Native structure and arrangement of inositol-1,4,5-trisphosphate receptor molecules in bovine cerebellar Purkinje cells as studied by quick-freeze deep-etch electronmicroscopy. Eisaku Katayama, Hisayuki Funahashi, Takayuki Michikawa, Tomoko Shiraishi, Takaaki Ikemoto, Masamitsu Iino, Kazushige Hirosawa, Katsuhiko Mikoshiba.The EMBO Journal, 15(18), 4844-51.(1996)
2. 個体発生および加齢に伴う細胞表面糖鎖修飾の変化. 舟橋久幸、城戸正開、古川清. 東京都老年学会誌 4(4),257-261.(1998)
3. Hypothalamic neuronal networks and feeding-related peptides involved in the regulation of feeding. Hisayuki Funahashi, Fumiko Takenoya, Jian-Lian Guan, Haruaki Kageyama, Toshihiko Yada, Seiji Shioda. Anatomical Science International, 78,123-138.(2003)
4. Divergence of melanocortin pathways in the control of food intake and energy expenditure. Nina Barthasar, Louise T. Dalgaard, Charlotte E. Lee, Jia Yu, Hisayuki Funahashi, Todd William, Manuel Ferreria, Vinsee Tang, Robert A. McGovern, Christopher D. Kenny, Lauryn M. Christiansen, Elizabeth Edelstein, Brian Choi, Oliver Boss, Cari Aschkenasi, Chen-yu Zhang, Kathleen Mountjoy, Toshiro Kishi, Joel K. Elmquist, and Bradford B. Lowell. Cell, 123(3),493-505.(2005)
5. 魚類のウロコを用いた評価系の開発と骨代謝研究への応用. 鈴木信雄, 舟橋久幸, 耿 敬達, 柿川真紀子, 山田外史, 廣田憲之, 北村敬一郎, 清水宜明, 早川和一, 三島弘幸, 岩坂正和, 上野照剛, 大森克徳, 矢野幸子, 池亀美華, 田淵圭章, 和田重人, 近藤 隆, 服部淳彦. まぐね, 7,174-178. (2012)
日本解剖学会、日本臨床分子形態学会、日本肥満学会

所属学会

日本解剖学会、日本臨床分子形態学会、日本肥満学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
専門科目の理解には、その土台となる基礎科目の学力が必要不可欠です。したがって、基礎科目もしっかりと勉強しましょう。
本学を志す学生に
理学療法学の道は、決して平坦ではありませんが、その社会的ニーズは年々拡大しています。是非、チャレンジしてみませんか。