グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




学科概要


ヒューマンケアを実践できる理学療法士を育成

 社会の高齢化,科学や医療技術の高度化,健康への関心の高まりなどにともなって,医療・福祉に対する社会の要望は一層増大し,これらの分野で活動する人材に対する需要は,益々大きくなることが予想されます。なかでも医療・保健・予防・福祉の業務を支える職種である理学療法士については,高度で先進的な医療を展開する病院や,高齢者等の医療施設における活動のみならず,在宅のままで療養を続ける人々への支援,職場や家庭における生活習慣の改善に対する疾病管理や保健指導などと,活動の領域は医療から福祉の分野に至るまでシームレスな拡がりを見せています。

 幕張ヒューマンケア学部理学療法学科では,医療・保健・予防・福祉の現場や社会が求める理学療法士として必要な基礎的な知識・技術を十分に修得し,さまざまな領域でファシリテーター的役割を担うことができるよう,幅広く深い教養や思考力,想像力を養い,豊かな人間性に裏打ちされた,ヒューマンケアを実践できる理学療法士を育成することを目指しています。

理学療法学科の教育目標

「豊かな人間性を涵養し,医療人としての確かな知識や技術をもち,同時に医療人としての態度を修得した理学療法士を育成することにある。さらに医療・保健・予防・福祉の発展に寄与し,教育・研究活動により社会に貢献すること」

理学療法学科の求める学生

・人と接することに苦手意識がない学生
・学習が嫌いではない学生
・クラブ活動(運動、文化等)などで頑張ってきた学生
・目標を持つ事ができる学生