グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




内田 雅代


Masayo Uchida

職位 教授
学位 博士(看護学)
担当講義 自己実現とキャリアアップ 小児看護学概論 小児看護学援助論 小児看護学実習 
看護研究方法 ヒューマンケア看護研究 ヒューマンケア総合演習 看護統合実習
専門分野 小児看護学 小児がん看護学 小児慢性疾患看護学(小児糖尿病・アレルギー疾患)


研究実績

研究課題 小児がんをもつ子ども・家族とともに創造するケアの探究
慢性疾患をもちながら地域で生活する子どもと家族への多職種協働アプローチ
主な研究業績 内田雅代編著,竹之内直子,平田美佳,白井史,他:平和26-30年度科学研究費基盤研究(B)研究成果 小児がん看護ケアガイドライン2018~小児がんの子どものQOLの向上を目指した看護ケアのために~,特定非営利活動法人日本小児看護学会,2019.
内田雅代:第6章 学童の看護. 市江和子編著, 小児看護学, 109-120, オーム社, 東京, 2014.
内田雅代編著,上別府圭子,野中淳子、他:平成21-24科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果 小児がん看護ケアガイドライン2012. 特定非営利活動法人 日本小児がん看護学会, 長野,2013.
内田雅代:慢性疾患をもつ子どもとその家族とのパートナーシップ形成,小児がんの患者をもつ家族へのケア,野嶋佐由美/渡辺裕子編集:家族看護選書第3巻,56-68,日本看護協会出版会,東京,2012.
内田雅代:倫理的問題. 丸光惠, 石田也寸志, ココからはじめる小児がん看護, 8-12, へるす出版, 東京,2009.
内田雅代,骨髄移植をうける患児をもつ母親の体験について一体験の意味を見出す看護援助ー,家族看護学研究,4(2),109-117.1999

所属学会

日本小児がん看護学会  日本小児血液・がん学会  国際小児がん学会  日本小児看護学会 日本小児保険協会  日本生命倫理学会  日本家族看護学会  日本看護倫理学会  日本育療学会  千葉看護学会  小児在宅ケア研究会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
皆さんひとり一人が、これまで経験したことを大切にし、仲間とともに学びを深めながら充実した学生生活を送り、将来の自分のことや人々に求められる看護の役割を理解し、看護職として職業生活を送ることが出来るように支援します。
本学を志す学生に
「看護のこと」、「人の成長発達」、「病気をもちながら生きていくこと」などに、少しでも興味や関心がある方は、本学で勉強してみませんか。