グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




櫻庭 けい子


Keiko Sakuraba

職位 准教授
学位 修士(看護学)
担当講義 在宅看護概論 在宅看護援助論 在宅看護実習  健康教育 地域包括ケア論   災害看護論
専門分野 在宅看護論


研究実績

研究課題 介護保険制度における要介護認定 
大学と看護大学の実習を初めて受け入れる施設との効果的な実習指導の構築の在り方
主な研究業績 要介護認定における認定調査員の判断基準を共有化する仕組みづくりーコンピュータネットワークと会議を活用してー

所属学会

日本在宅看護学会 日本健康運動看護学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
看護職が地域、在宅で役割をもっての活動が広がってきていますが、まだ看護師は病院というイメージも多いと思います。しかし、歴史的にも早くから療養している人々の在宅での看護は行われていました。在宅における看護は、その人らしくと、自己決定の尊重を重視します。看護の基本が学べます。皆さんが在宅看護に関心を持ち、そこでの活動を希望する人が多くなることを願っています。
本学を志す学生に
看護の世界は、いろいろな可能性を見出せるところです。勉強は少し大変だけど、人とのかかわりの中で様々な感動が得られたり、自分も成長することができます。希望をもってさっそうと働く自分の姿を描きませんか