グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




工藤 恭子


Kyoko Kudo

職位 准教授
学位 修士(社会福祉学)
担当講義 リプロダクティブヘルス看護学援助論,リプロダクティブヘルス看護学実習,地域母子保健,家族看護論,急性期・回復期・終末期看護論他
専門分野 母性看護学


研究実績

研究課題 在宅重症心身障害児の遊びの保障に関する研究
主な研究業績 在宅重症心身障害児の遊びの保障における医療・福祉・教育の連携           ―遊びで支援を行う専門職へのインタビューから―                                  佛教大学大学院紀要 社会福祉学研究科篇 第46号 2018年3月

所属学会

日本看護研究学会,日本小児保健協会,日本小児看護学会,日本重症心身障害学会,日本在宅ケア学会,NPO法人ホスピタル・プレイ協会他

メッセージ

本学で学ぶ学生に
看護学は行動科学ですから,まず考え,そしてそれを行動で示していく事が大事です。様々な体験をしながら大いに考え行動してみましょう。
本学を志す学生に
社会で起きている様々な問題に対して敏感になってください。どれも看護と無関係ではありません。自ら考えながら生活してみましょう。