グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




根本 清次


Seiji Nemoto

職位 教授 学科長
学位 衛生看護学士、看護学修士、医学博士
担当講義 身体の構造・機能(Ⅰ~Ⅲ)、生化学、化学、大学入門講座
専門分野 神経生理学、基礎看護学


研究実績

研究課題 1. 電位トポグラフィを応用した生理機能の可視化と客観化           2. 看護に有用な材料・機器の開発
主な研究業績 論文(抜粋)                                        Physiological evaluation of childcare-associated muscle load on the neck and shoulder region in Japanese women               Electromyography analysis of the trapezius muscles in shoulder stiffness - Visualization of specific muscle activity based on myogenic potential -                    特許                                   乾燥粉体および乾燥粉体の製造方法
焼酎粕を有効利用した排泄物処理材及びその製造方法及び製造装置
歩行測定機及びこれを用いた歩行機能評価方法

所属学会

日本生理学会、日本看護技術学会 健康運動看護学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
学習をスムーズに行うには課題や優先事項を、まず終わらせる事。学習の成果は続ける事によってのみ達成されます。講義をきちんと聴講すると、学習がはかどり、結果として大学生活が豊かなものとなります。
本学を志す学生に
まず、人間に関心を持ってください。人間には多様な側面があって、看護は理系とか文系とかいう範疇を気にするより、総合系というべき分野だということが判ります。得意な分野は大事に維持しつつも、苦手な分野にも自分の関心を分けてください。きっと新しい自分が見つかります。