グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




古屋 晴子


Haruko Furuya

職位  講師
学位  修士(看護学)
担当講義 地域の健康と看護Ⅰ 地域の健康と看護Ⅱ 地域包括ケア概論 ヒューマンケア看護研究 ヒューマンケア総合実習 看護統合実習 災害看護 公衆衛生看護活動展開論Ⅰ 公衆衛生看護展開論Ⅱ 公衆衛生看護学演習Ⅰ 公衆衛生看護学演習Ⅱ 公衆衛生看護学実習Ⅰ 公衆衛生看護学実習Ⅱ 
専門分野 公衆衛生看護学


研究実績

研究課題 保健師教育
主な研究業績 <修士研究>
 肺がん予防から早期治療までの健康支援ニーズを把握し調整するしくみの開発

所属学会

千葉看護学会、日本公衆衛生学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
 看護は、様々な生活背景を持つ方々に寄り添い、いろいろな方々の価値観に触れ、その方がその方らしい生活を実現できるよう支えて行きます。鋭い観察力、的確な分析力判断力、柔軟な対応能力、斬新な発想と行動力、自己を客観視できる力等々多くの能力を身に着けていくことができます。一緒に学んでいきましょう。
本学を志す学生に
 看護の対象は入院中の方や在宅療養中の方だけに限りません。地域で暮らす全ての人々、学校や職場や組織そのものも対象となり、また、看護の視点を持って機器の開発や執筆活動等に携わる場合もあります。看護を必要とする分野とその可能性はますます広がり、いろいろな場面で求められています。あなたも、学び、極め、そして、看護が活躍する場を新しく開拓して行ってみませんか。