グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > キャリア・就職 > 卒業生インタビュー

卒業生インタビュー


今しか出来ないことが必ずあります。一日、一日を大切にしてください。

医療法人社団全仁会 東都春日部病院勤務
職種:看護師   所属:外科・内科混合病棟

小内 公佳さん
2018年卒業

 医療サポートが必要な祖父が身近にいたため、将来の職業は医療サポートが必要な方々の力になりたいと幼少のころから何となく考えていました。職業選択を考えながら進路決定をしなければならない高校生の時に、医療系の学校に進学したいという思いが具体的になり、看護師という職業を一生の仕事にしようと決意し、看護師国家試験の合格率の高い東都大学(当時は東都医療大学)を受験し入学しました。
 高校時代、看護大学は講義の他、病院実習等もあるためプライベートの時間も少なくなり大変だろうとイメージしていましたが、その予想をはるかに超える授業の多さと厳しい臨地実習に、自分自身をコントロールするのに苦労した記憶があります。特に実習では目の前で患者様が辛い思いをされていても、指示がないと動けない自分の未熟さに、さらに努力をしようと何度も自分に言い聞かせたものです。また、その時には先生方からの厳しいご指導もありましたが、今は、その大変だった経験が看護師として働く上で活かされていると感じています。
 現在の業務は、患者様の身体の痛みが生じていないか、また点滴の漏れがないか、など身体の状態を確認する基本的なことを確実に身につけていくことを日々行っています。急変した患者様へは、先輩から指示を受けながら対応をしています。その中でも患者様からお礼の言葉を掛けられたり、終末期の患者様への援助を皆で協力して行い、笑顔を見ることができたときにはやりがいを感じます。まだまだ勉強する毎日ですが、患者様と関わることで頑張れています。現在、看護師を目指す方はまず基礎学力を身につけて看護教育を受ける準備をしてください。また息抜きも大切ですので、趣味を含めて楽しいと思えることを勉強と同じぐらいしてください。
 そして看護師になりたいという気持ちを大切にしながら、充実した日々を送ってください。

地域の皆さんから頼られる行政保健師。
住民の皆さんと家族のような関係を築くにはコミュニケーションが不可欠です!

埼玉県比企郡ときがわ町
ときがわ町保健センター勤務
職種:保健師  所属:地域包括支援センター

小野 陽介さん
2017年卒業

 
 保健師になって今年で2年目。顔を覚えていただいたり、道で声をかけていただいたり、だんだん住民の方との距離が近くなってきたなと思っています。
 保健センターは地域の母子保健・成人保健の拠点で、私たち保健師がその活動を担っています。日々頼られていると実感していますが、相談されたことに対し、保健師として瞬時に答える対応力、自分の意見を伝える力はまだまだで、それが私の課題です。
今は一人でも多くの方をサポートできるよう、住民の方の生活に関する能力を見極めて、必要なことは「何でもやる」というスタンスで仕事に取り組んでいます。人によって人生の過ごし方や暮らし方は違います。その中で色々お話を伺いながら「その人にとっての幸せ」を一緒に考えています。
 保健師は人の生活に関わる職業で、生活の一部になる存在です。「ここまで」という線引きがありません。だからこそ、医療や健康に関すること以外にも会話の様々な引き出しが必要になると私は思っています。保健師を目指している受験生の皆さんはぜひ学生のうちから敢えて「面倒なこと」にチャレンジしてみてください。自分の考えの幅が広がり、思いがけない発見があったりします。その感覚は、保健師としてとても大事で、きっと仕事に生かされます。保健師の先輩として応援しています。頑張ってください。