グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > キャリア・就職 > 卒業生インタビュー

卒業生インタビュー


今しか出来ないことが必ずあります。一日、一日を大切にしてください。

医療法人社団全仁会 東都春日部病院勤務
職種:看護師   所属:外科・内科混合病棟

小内 公佳さん
2018年卒業

 医療サポートが必要な祖父が身近にいたため、将来の職業は医療サポートが必要な方々の力になりたいと幼少のころから何となく考えていました。職業選択を考えながら進路決定をしなければならない高校生の時に、医療系の学校に進学したいという思いが具体的になり、看護師という職業を一生の仕事にしようと決意し、看護師国家試験の合格率の高い東都大学(当時は東都医療大学)を受験し入学しました。
 高校時代、看護大学は講義の他、病院実習等もあるためプライベートの時間も少なくなり大変だろうとイメージしていましたが、その予想をはるかに超える授業の多さと厳しい臨地実習に、自分自身をコントロールするのに苦労した記憶があります。特に実習では目の前で患者様が辛い思いをされていても、指示がないと動けない自分の未熟さに、さらに努力をしようと何度も自分に言い聞かせたものです。また、その時には先生方からの厳しいご指導もありましたが、今は、その大変だった経験が看護師として働く上で活かされていると感じています。
 現在の業務は、患者様の身体の痛みが生じていないか、また点滴の漏れがないか、など身体の状態を確認する基本的なことを確実に身につけていくことを日々行っています。急変した患者様へは、先輩から指示を受けながら対応をしています。その中でも患者様からお礼の言葉を掛けられたり、終末期の患者様への援助を皆で協力して行い、笑顔を見ることができたときにはやりがいを感じます。まだまだ勉強する毎日ですが、患者様と関わることで頑張れています。現在、看護師を目指す方はまず基礎学力を身につけて看護教育を受ける準備をしてください。また息抜きも大切ですので、趣味を含めて楽しいと思えることを勉強と同じぐらいしてください。
 そして看護師になりたいという気持ちを大切にしながら、充実した日々を送ってください。

大学での学びは私の財産!看護師はとても素晴らしい職業です。

社会医療法人社団順江会 江東病院勤務
職種:看護師  所属:脳神経内科他混合病棟

井上 愛美さん
2016年卒業

 3歳の頃からの夢だった看護師になって今年で4年目。ようやく患者様の生活リズムを変えないケア、負担をかけないようなケアができるようになってきたと思っています。去年からリーダー業務として新人教育も任されるようになり、1年目の看護師にどう伝えたらわかってもらえるのか、技術面だけでなく精神面も含めてフォローできるよう日々熟考しています。
 大学の4年間は国家試験に向けての勉強に加えて実技練習、実習等がぎっしりのカリキュラムで、毎日覚えることも多くて大変でしたが、先生方の熱心な指導のもと同じ夢を持つ仲間たちと一緒に学び、励まし合ったことが私の看護師としての基礎になっていると実感しています。特に実習では患者様から情報を聞くことの難しさ、コミュニケーションの大切さを痛感しました。そんな中でも、患者様からの「ありがとう」この一言が「看護って楽しい!やっぱり看護師は素晴らしい仕事!」と再認識させてくれました。また、私の場合、東都大学(当時は東都医療大学)の関連病院で看護助手のアルバイトをしていたのですが、早くから現場を見て、患者様と触れ合う機会があったことも自分の気持ちを高める良い選択だったと思っています。
 これから看護師を目指す皆さんには学生のうちに幅広い年齢層の人と話すことを心がけてもらいたいと思います。加えて、ぜひ「昔の遊び」を体験してください。意外だと思われるかもしれませんが、折り紙で色々な折り方ができると強みになります。というのも、認知症の方とのコミュニケーションツールとして一緒に折り紙で楽しんだりすることもあるからです。その他、1950~80年代の歌謡曲を聴いたり、ぬり絵をしたり、勉強の他にも色々な引き出しを持つことを心がけてみてください。看護師の先輩として皆さんを応援しています。頑張ってください。

憧れの助産師になって2年目。
命の尊さ、責任の重さを毎日痛感しています。

社会福祉法人恩賜財団母子愛育会
総合母子保健センター
愛育病院勤務

宇田川 真穂さん
2018年卒業

 憧れの助産師になり、2年目に入りました。私が勤務する総合周産期母子医療センター愛育病院では1日平均、7〜8人の赤ちゃんが誕生しています。命の尊さ、責任の重さを痛感する毎日です。
 私は7階病棟(産褥病棟)に所属し、お産後のお母様と赤ちゃんのケアを中心に行っております。特に授乳介助では患者さんの考える授乳の方針を基に、患者さんの授乳状況や乳房の状態を観察し、今の授乳状況で赤ちゃんの体重増加が見込めるのか、さらに今の乳房状態から母乳分泌が増えるのか、今後どのような支援をすれば母子共により良い状態になるのかなど、一人一人の個別性を大切にしたケアを心掛けています。ケアしていくことの難しさを実感する日々ですが、親切で尊敬できる先輩方のご指導を受け、同期と励まし合いながら日々新しい命と向き合っています。
 大学時代は朝から夕方までの授業に加えてほぼ毎日レポートの提出、沐浴や退院、産褥体操指導の方法などの発表準備があり、本当に大変でしたが、今その経験がとても役立っています。このように、学生の時に学んだことを応用し行っています。今後も大学で学んだことを基に先輩方からご指導を受けながら日々精進していきたいです。これから助産師を目指す皆さんも頑張って下さい。

地域の皆さんから頼られる行政保健師。
住民の皆さんと家族のような関係を築くにはコミュニケーションが不可欠です!

埼玉県比企郡ときがわ町
ときがわ町保健センター勤務
職種:保健師  所属:地域包括支援センター

小野 陽介さん
2017年卒業

 大学卒業後、看護師として臨床の現場を経験し、今年からときがわ町に採用されて保健師として勤務しています。保健センターは地域の母子保健・成人保健の拠点で、私たち保健師がその活動を担っています。
 ときがわ町は住民の方との距離がとても近いと感じています。先日も先輩と一緒に地域のお宅を訪問したのですが、壁のようなものが無く、まるで家族のような関係に大変驚きました。実際に足を運んで直接顔を見てコミュニケーションをとるからこそ地域との結びつきが強まるのだと感じました。これから経験を積んで、ゆくゆくは父親がより子育てに力を発揮できる場をつくったり、男性保健師ならではの視点をいかした企画を提案したいと思っています。
 「どうすれば保健師になれるのだろうか?」とお考えの方も多いと思います。学力ももちろん大事ですが、それにプラスして何に対しても積極的に行動することを心がけてください。部活動や委員会活動、ボランティア、アルバイト等何でもいいです。一生懸命取り組み、自分よりも年上の方とたくさん話してください。礼儀やマナーが身に着き、話し方ひとつひとつが自分の力になります。すると相手の気持ちがわかるようになってくると思います。その感覚が保健師にとっては絶対に必要だと思います。頑張ってください!