グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > キャリア・就職 > 卒業生インタビュー

卒業生インタビュー


東都医療大学での学びが医療の最前線で財産に。充実した毎日です。

医療法人社団全仁会 東都春日部病院勤務
職種:看護師 所属:内科、外科混合病棟

佐々木 菜摘さん
秋田県立能代高等学校出身 2014年3月卒業
都医療大学の4年間はあっという間でした。看護師になるための必修のカリキュラムがぎっしりと組まれ、毎日多くの知識を身につける必要があり授業についていくのが大変なこともありました。そんな中でもサークルに参加し、充実した日々を過ごすことが できました。
臨地実習では情報収集やアセスメントの大切さを学び、さらに必修科目の知識の重要性を痛感しました。医療の最前線で働いている今、こうした東都医療大学での学びが、大変役に立っています。現場では、緊急事態、ご家族へのケアなど多様な場面があります が、その一方でミスは絶対にあってはなりません。それでも何とか対処できているのは、大学時代の経験が基礎にあるからだと感謝しています。
在学中は東都医療大学の独自の奨学金「学校法人青淵学園奨学金」を利用していたので比較的充実していました。就職後も、看護師は引く手あまたなので、生活が安定し、結婚や子育てでキャリアを中断しても職場復帰が容易にでき、この職業と東都医療大学を選んだ私は間違っていなかったと思います。現在、私は、徐々に経験を積み、中堅看護師の入口に立っていることを自覚しながら、充実した日々を送っています。看護師はとても素晴らしい職業です。努力は常に必要ですが、志望している方はあきらめずに頑張ってほしいと思います。

男性看護師であることに誇りを持って日々精進していきたいです。

特定医療法人大坪会 三軒茶屋病院勤務
職種:看護師 所属:看護部

笠原 悠平さん
埼玉県立熊谷西高等学校出身 2013年3月卒業

大学での学びは看護師人生の基礎」といっても、看護学生は修得しなければいけないことが多く、どちらかというと物事を覚えたり、身に付けたりすることに時間がかかる私にとって辛いこともありました。それでも先生方は、反復練習などで根気よく私に付き合ってくださり、大変感謝しています。
3年次から本格的に始まる臨地実習では、そんな私でもそうした学びを生かせたのでとても楽しかった思い出があります。また、実習現場での経験によって、看護の素晴らしさに改めて気付いたことで、徐々にプロとしての意識が高まり、ご指導いただいた関係する全ての方々に仕事で恩返しをしなければという気持ちも高まっていきました。
看護師の世界はまだまだ女性が圧倒的多数です。患者様の意識も看護“婦”です。(今では何とも思わなくなりましたが)「えっ、男性の看護“婦”さんなの?」と驚かれたり、「女性看護師でお願いします」とのご要望もあります。それでも患者様から、「男性看護師のあなたで良かったわ。がんばって」と言われたりすると、素直に嬉しくなり、やりがいを改め て感じてしまいます。実は女性が多い医療現場では、男性看護師は潤滑油として職場の中心となっていることも多いのです。これからも、男性看護師であることに誇りを持って日々精進していきたいと思います。

4年制大学で数少ない助産師課程がある東都医療大学。
助産師の仕事は正解がないのが面白みです。

日本赤十字社 日本赤十字社医療センター勤務
職種:助産師 所属:産科

渡邉 智宇さん
埼玉県立大宮南高等学校出身 2015年3月卒業

保険体育の教諭になることが夢だった私が助産師に進路変更したのは、職業理解の授業で産科に割り当てられたのがきっかけでした。ところが4年生大学で助産師課程があるのは、埼玉県内では埼玉県立大と東都医療大学だけ。しかも、入学しても全員が助産師課程に進めるわけではありません。大きな賭でしたが、東都医療大学で狭き門の助産師課程に進むことができました。
助産師課程のカリキュラムは大変です。くじけそうなときもありました が、同じ志の仲間と励まし合いながら、やり抜きました。臨地実習では講義だけではわからない、臨機応変さや柔軟性の大切さを学んだのが思い出です。2年生の時には、学園祭実行委員長の大役を仰せつかりました。メンバーを 一つの目標に向かってまとめ上げていくリーダーシップを学べ、私の大きな財産となりました。
卒業して助産師として働き始めた現在は、保健指導やメンタルケアなど幅広い業務を行っています。責任が重く、やりがいがある反面、まだまだ足りない部分が多いと反省することも多々あります。
助産師は大変な仕事ですが、正解がないところに面白みがあります。助産師を目指す方は、これから始まる勉強に素直に喜びを感じてください。徐々に助産師への興味が深くなっていくと思います。応援しています。

地域住民から頼られる行政保健師は絶対にお薦めの職業です。

鴻巣市 吹上保健センター勤務
職種:保健師 所属:健康づくり課

澤田 奈津希さん
埼玉県立進修館高等学校出身 2016年3月卒業

私は、卒業後、憧れだった保健師として鴻巣市役所に採用され、現在、吹上保健センターに配属されています。保健センターというのは 、地域の母子保健・成人保健の拠点で、私達、保健師がその活動の中心です。私は先輩方のご指導を受けながら、早く一人前になれるよう頑張っています。もともと身近に保健師の方がいたので、私は自然とその仕事に親しみを持ち、その仕事内容にも興味を持っていました。
高校時代には保健師になったつもりで、「病気にならずいつまでも健康でいられるにはどうしたらよいだろう」などと「予防医学 」について思いを巡らしたこともあります。
大学の保健師課程の勉強は想像以上に大変でしたが、私は将来の就きたい職業がはっきりしていたので比較的に楽にこなせたとおもいます。もちろん早くから将来のビジョンがはっきりしている人は多くは な い でしょう。しかし 、もし私のメッセージをご覧になって保健師に少しでも興味を持った方は、今すぐネットなどで調べてみたり大学の入試広報室に問い合わせてみることをお薦めします。地域住民から頼られる行政保健師は、安心して人生設計ができる公務員でもあります 。私としては絶対にお薦めの職業です。