グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




須田 利佳子


Rikako Suda

職位 教授
学位 修士(看護学)
担当講義 大学入門講座
成人看護学概論
終末期看護論
慢性期看護論
成人看護学援助論Ⅰ・Ⅱ
成人看護回復期・終末期援助論
看護研究方法論
成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ
看護統合実習
病態別看護演習 ほか
専門分野 成人看護学、がん看護学


研究実績

研究課題 がん患者と家族のQOLを高める支援、手術を受けるがん患者と家族への支援、看護を学ぶ学生への支援
主な研究業績 1.看護学生のがん化学療法に対する印象の変化とその要因について
2.がん告知後に手術療法を受ける患者のストレス体験とその変化
3.成人看護学実習のオリエンテーションに看護技術演習を導入したことの効果 実習終了後のアンケートを分析して

所属学会

日本看護科学学会、日本がん看護学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本看護管理学会、日本クリティカルケア看護学会、日本サイコオンコロジー学会、日本緩和医療学会ほか

メッセージ

本学で学ぶ学生に
看護を学ぶということは、人々が生きている営みに関心を持ち理解することから始まります。人に関心を持ち、自ら積極的に学びましょう。そして入学した時の夢を必ずかなえましょう。
本学を志す学生に
看護は人を対象にする仕事です。援助を求めている患者の最も近くにいて、その人の人生を共有できるところに看護の魅力があります。そんな看護の魅力を一緒に探しましょう。