グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




佐藤 光栄


Mitsue Satoh

職位 教授
学位 博士
担当講義 高齢者看護学概論
高齢者看護援助論
高齢者看護学実習
東都フロンティア
回復期援助論
急性期援助論
慢性期援助論
専門分野 老年看護


研究実績

研究課題 高齢者の歩行能力とフットケア、遷延性意識障害者への看護評価
主な研究業績 <論文>
1)Mitsue SATOH,Masahiro SUGIMOTO,Yuko YAMAMOTo,Juri SARUTA Keiichi TSUKINOKI: Effect of Factional training on imminloical abilites of older people:a case control study:BMC Oral Health(USA)18:4,9,janualy,2018.
2) Mitsue SATOH, Humihiko YOSHINO、Eiko NISHIGUTI,Momo IDE,Keiichi TSUKINOKI
The analysis about antioxidant activity of yacon by electron spin resonance method- Health effect of yacon -:Tohto College of health sciences Bulletin,  Vol.9,No.1,pp:75-82,2018.
3)Mitsue SATOH, Masahiro SUGIMOTO ,Takeshi KAWAGUCHI,Kazuo YAMAGUCHI:Evaluationof nursing interventions using minimally invasive assessments methods for patients inn a parsistent vegetaitive state:Psychogeriatric Society(USA), 15 February 2017.

<発表>
1)佐藤光栄、青木美芳、柿並 毅、鈴木正代:回復期リハビリテーション患者にロボットを用いたことによる身体的、心理的効果 、日本老年看護学会第22回学術集会(2017.6)
2) 佐藤光栄、金子直美、:訪問看護師へのステーション内における事例検討会の評価,日本看護学教育学会―第27回学術集会(2017.8)
3) 甲州優・佐藤光栄・清水順市・武田美和:人工呼吸器を装着し自立生活を送る筋ジストロフィー青年への食べる楽しみを取り戻す取り組み、第3報、第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会(2017.9)
4)甲州優・杉浦大介・佐藤光栄:1人暮らしをするデュシェンヌ型筋ジストロフィー青年の在宅生活を支える取り組みの検討―安心・安全に暮らすためのヘルパーと医療職との連携と課題―、第4回筋ジストロフィー医療研究会(2017)
5)甲州優・杉浦大介・佐藤光栄:デュシェンヌ型筋ジストロフィー青年の在宅生
活を支える実践報告―本人の希望への対応を振り返ってー、筋ジストロフィー
看護研究会(2017)
6)佐藤光栄、江藤和子:コミュニケーション能力と対人関係能力の関係に関する研究
-一般病棟看護師と精神科経験看護師との比較-、第37回日本看護科学学会学術集会(2017.12)

所属学会

日本老年看護学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本公衆衛生学会、日本フットケア学会、日本意識障害学会、東方医学会など

メッセージ

本学で学ぶ学生に
これからますます超高齢社会へと進んでいる日本において、高齢者の特徴を知らないで看護するより、知ってケアするほうが、高齢患者様の輝く笑顔が取り戻せると思います。高齢者が、その生を全うできるよう一緒に学びましょう。
本学を志す学生に
これから看護を学びたいと考えていらっしゃる皆さん!高齢者の特徴を一緒に学びましょう。