グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




永井 健太


Kenta Nagai

職位 講師
学位 修士(看護学)
担当講義 地域の健康と看護Ⅰ
地域の健康と看護Ⅱ
公衆衛生看護援助論Ⅰ
公衆衛生看護援助論Ⅱ
公衆衛生看護学実習
ヒューマンケア総合演習
専門分野 公衆衛生看護

インタビュー動画


研究実績

研究課題 思春期保健
看護管理
主な研究業績 松下年子、吉岡幸子、小倉邦子(編):事例から学ぶアディクション・ナーシング 依存症・虐待・摂食障害などがある人への看護ケア,中央法規,2009、永井健太、アルコール依存症、薬物依存症患者のクリティカルケア―アディクション患者を持つ家族とのかかわり―,102-109
永井健太:性の健康教育活動実践報告ー男性保健師が行う経験談に焦点を当てた思春期出前講座ー、第36回日本思春期学会学術集会、口頭発表

所属学会

日本公衆衛生学会
日本思春期学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
対象に寄り添ったあなたらしい看護を求め続けて下さい。そのためには、乗り越えなくてはならないことも多くあります。確実に一歩一歩前進していきましょう。そして、大学4年間で、たくさんの人と出会い、たくさんの経験をし心豊かな人になって下さい。
本学を志す学生に
看護の力は無限の可能性を秘めています。これから看護職を目指すみなさんにも無限の可能性があります。一緒に学べることを楽しみにしています。