グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




平塚 久美子


Kumiko Hiratsuka

職位 講師
学位 修士(看護学)
担当講義 地域の健康と看護Ⅰ・Ⅱ
公衆衛生看護援助論Ⅰ・Ⅱ
公衆衛生看護管理
公衆衛生看護学実習
専門分野 公衆衛生看護学


研究実績

研究課題 保健師教育・ひきこもり家族支援
主な研究業績 「学生の自己評価による地域診断の学びの変化~授業後・実習事前課題後・臨地実習後の比較~」(2017)日本看護学会・ヘルスプロモーション
「学生の自己評価による公衆衛生看護学実習の学び~保健所実習の経験と到達度~」(2017)日本公衆衛生学会
「長期化したひきこもり状態にある人の60歳を超えた母親の思いと望む支援」(修士論文)

所属学会

日本公衆衛生学会・日本地域看護学会・日本公衆衛生看護学会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
公衆衛生看護は「保健師」になるための勉強であると共に、赤ちゃんから高齢者までの生活を支える仕組みを整えることを学びます。それは、患者様が安心して退院できる社会を作ることにつながります。ぜひ公衆衛生看護にも興味をもって、社会の様々な事に目を向け「生活者としての自分」の視野を広げてみてください。
本学を志す学生に
皆さんが看護を目指す理由は様々だと思いますが、人と関わる事が好きであれば、他では得られない喜びを感じられるすばらしい職業です。知識や技術を学内で学ぶだけでなく、患者様との関わりの中からたくさんの事を教えていただける学生生活です。ぜひ一緒に学んでみませんか。