グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




浅井 直美


Naomi Asai

職位 講師
学位 修士(保健学)
担当講義 看護実践方法論、生活援助論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、フィジカルアセスメント、看護入門演習、基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ
専門分野 基礎看護学


研究実績

研究課題 看護技術教育、看護師の臨床判断
主な研究業績
  1. 浅井直美ほか:基礎看護学実習Ⅰにおける学生が意味づけした経験に関する研究,桐生短期大学紀要,17,65-72,2006
  2. 上星浩子,浅井直美ほか:バイタルサイン測定技術習得における学生の困難-学内演習後のレポート分析から-,桐生短期大学紀要,17,79-88,2006
  3. 浅井直美ほか:看護早期体験実習における学生の意味化した経験の構造,THE KITAKANTO MEDICAL JOUNAL,57,17-27,2007
  4. 小林瑞枝,浅井直美ほか:看護用語に対するICU看護師の記憶・再生の特徴,お茶の水看護学雑誌,1(1),10-19,2007
  5. 浅井直美:看護早期体験実習における学生の視点からみた学習経験,桐生短期大学紀要,18,31-38,2007
  6. 浅井直美ほか:日米における陰部洗浄の看護技術テキストに関する研究-看護技術の概念規定を構成する要素を用いた内容分析-,桐生大学紀要,20,22-41,2009

所属学会

日本看護科学学会

メッセージ

看護を学ぶ在学生へ

自分の目標を達成するため、日々努力を惜しまず、前を向いて一歩一歩進んでください。時には、山あり谷あり、迷うこともあると思います。きっと、一生涯の友や先生方が支えてくれます。

看護を目指す高校生へ

人を尊重できる人って素敵だと思いませんか。「人間って何だろう」というところから学び、自分自身を見つめ、人を尊重することができるようになりますよ。看護の魅力を一緒に味わってみませんか。