グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




赤石 三佐代


Akaishi Misayo

職位 准教授
学位 修士(保健学)
担当講義 生活援助論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
看護実践方法論
フィジカルアセスメント
基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ
看護研究 ほか
専門分野 基礎看護学、がん看護


研究実績

研究課題 ・看護診断を用いた看護プロセスの学びの比較
・学生主体の看護技術教育の構築に向けて
主な研究業績 <著書>
・メディカルフレンド社、「看護実践のための根拠がわかる成人看護技術、がん・ターミナルケア」、がん放射線療法の看護、p.148~p.162、2015.
・ヌーベルヒロカワ「検査看護技術」検査看護の特徴と理解、基本検査の尿検査について、2006.
<論文>
・初めて放射線治療を受けるがん患者の気持ちとストレス対処行動に関する質的研究、群馬大学保健学紀要、第25巻、2005.
・放射線治療経過に伴う乳がん患者の気持ちの変化、THE KITAKANTO MEDICALJOURNAL、Vol.55,No2,P.105-113、2005.
・放射線治療を受けるがん患者の生活再構築プロセスと看護支援、群馬大学保健学紀要、第26巻、2006.
・腔内照射を受けた子宮がん患者の心構えのタイプ別分析と看護支援、足利短期大学紀要、第27巻、2007.
・身体に障害を持ちながら在宅で生活する高齢者のニーズ―満足感を向上するための介入の問題点―、ヘルスサイエンス研究、2012.
・看護診断ラベルから見た成人看護学実習の学びー実習目標との関連―、群馬医療福祉大学紀要、2013.
<学会発表>
・Preparations and adaptation process of the uterine cervical cancer patients who received low-dose rate brachytherapy、14th International conference on cancer nursing 2006.(トロント)
・ボランティア活動と自己省察の学習効果―グループワークと発表を通しての自己教育力の発見―、日本看護福祉学会学術集会、2013.
・成人看護学実習に向けた実習前技術演習の開発-学生アセスメント記録の分析-、日本看護診断学会、2015.

所属学会

日本看護診断学会、日本がん看護学会、北関東医学学会、日本看護福祉学会、
日本看護科学学会、日本看護学会、群馬カウンセリング研究会

メッセージ

本学で学ぶ学生に
看護を学び、喜びを感じていますか?
実習などあなたが関わることで感謝されます。それは対象を尊重し、素直で優しい気持ちが届いているからこそですね。
専門的知識と技術と大学での友は、あなたの一生の宝物になるでしょう。大学生生活を謳歌し、目標を達成させてください。
本学を志す学生に
人間好きですか?
看護は人と人との関わりの職業です。自分を大事にしたい人、家族を大切に思っている人、他人の役に立ちたい人、一生の資格を持ちたい人、私たちと一緒に看護を学んで夢を実現させていきましょう。