グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部案内 >  資格・就職 >  助産師

学部案内

助産師


妊産婦の精神的、生埋的な変化や諸問題に対応し、正常な分娩の介助と、妊娠から育児までに至る母性保健全般における保健指導を行うのが助産師です。主な仕事は分娩の介助ですが、他にも妊婦やその家族に対する出産や育児の相談・指導や、思春期や更年期の女性への保健指導等もおこないます。女性の社会進出や少子化・核家族化など、女性や乳幼児を取り巻く環境は大きく変化しています。

在校生メッセージ

秋葉 梨奈 さん 埼玉県立進修館高等学校出身

中学生の時の怪我と妹の誕生 感謝と感動が憧れに!
東都医療大は、4年で助産師資格が取れるお得な大学


 身近に医療従事者がいない私が看護師・助産師を志したきっかけは、中学生の時の怪我と妹の誕生でした。大好きなクラッシックバレーで経験した怪我では、つらい時期もありましたが、担当の看護師さんに親身に接していただき、感謝が看護職への憧れになりました。同じ時期に年の離れた妹が生まれました。いつもと違う母と、寄り添って分娩介助する助産師さんの姿に言葉にできないくらい感動し、将来、助産師になろうと決意したのを覚えています。実は東都医療大学は、4年間の学修で助産師国家試験受験資格が得られる数少ないお得な大学です。私は運良く憧れの助産師課程に入れましたが、こなさなければならない授業は想像以上です。自信を失いかけたり、不安になることもあります。しかし、先生方の丁寧・適切なアドバイス・フォローにより、何とか頑張れています。これからも一人でも多くの妊婦さんから頼られる助産師になれるよう、精進したいです。
 最後に東都医療大学を受験しようか迷っている皆さん。東都医療大学では私のように身近に医療職の方がいなくても全くハンディはありませんので安心してください。


教員メッセージ

母性看護学・助産学 講師 小曽根 秀実

助産師は母親と子どもへの温かな信頼、人間愛が根底に

 助産師は、母親と子どものふたつの命の育みに寄り添い、本来持ち備わっている生きる力を最大限引き出す役割を持っています。助産師が根気強くふたつの命に寄り添い続けることができるのは、母親と子どもへの温かな信頼、人間愛が根底にあるからです。
 本学の助産師課程の学生たちは、他領域の看護の学びを積み上げながら、3年次の助産学の講義・演習を経て、4年次に分娩介助を含む助産学実習に挑みます。それは険しい山道を登り続けるかのようですが、それを乗り越えたときの達成感はその後の人生にプラスに働くことでしょう。
 多様化した現代、女性にとってさまざまな選択肢が存在する中、「その人らしい命の育みを助産師としてどう支えたらいいのか」「自律した助産師の活動とはどのようなことだろうか」などを常に自問自答しながら、積極的な学習を学生の皆さんに期待します。