グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部案内 >  クローズアップ授業 >  分娩介助技法

学部案内

分娩介助技法


正常(ローリスク)分娩の原理に基づき、助産師に必要な診断技術と分娩介助技法を修得します。基本的な分娩介助技法に加えて、分娩体位(フリースタイル)による分娩介助技法の演習も取り入れるとともに、異常発生時の対応方法や、近年増加している麻酔分娩時の経過診断、分娩時の助産ケア、ハイリスク分娩に遭遇した場合の対応の実際も学習します。この授業をはじめ、妊産褥婦・新生児の診断とケア、助産過程の展開などで学ぶ助産学の多くの知識が、助産学実習での実践へとつながっていきます。